2005年10月13日 (木)

携帯と文鎮

ボーダフォンがうんともすんともいわなくなった。
あららら。
このところ、
メールが削除できない
その一方で
メモリーがいっぱいなのでメールが受信できない
という状況がずっと続いて
やれやれこれはどうなるんだろう
と思っていたら
最後はなんとなく直った
というようにならず
最後は壊れた。
ノキアの電話、気に入っていたのだけれど
(文字変換はとくに使いやすかった)
2カ月半でおさらばである。
でもドコモももっていてよかったヨ。
昔、輸入車でこういうことって
しょっちゅう話題にのぼっていたような気がする。
壊れる。
でも乗る。
そんな奇特な人がマーケットを支えていたものだ。
でも当人にとっては
そんなのは属性のひとつだから
気にならない
そういうものである。
でも死んでしまえば携帯電話
文鎮ぐらいにしか使えない。
そう考えると、文鎮ってただ重いのが機能
というすごいプロダクトだ。
いや、僕が知らないだけで
硯なみに奥深い世界があるのかもしれない。
そんなことまで考えさせる携帯電話って……。

| | トラックバック (1)

2005年8月27日 (土)

アセットアロケーション?

アセット・アロケーション
について勉強しなくてはならないのである。
マネーについての記事の編集をまかされているので
なんとか勉強して頭にいれなくてはいけないのだが
とくに投資となると正解がないだけに
自分の意見をきちんと持つ必要がある。
それがなかなか大変なのは
少しでもこの分野に興味ある人なら
ご存じのとおり。
先日、旧知のファイナンシャルプランナーのSさんと
お茶を飲んだが
(自動車の話題が主だったが)
やはりスゴイひとはスゴイ。
ほとんど何言っているか
わからなかった。
というか、大筋はわかるのだが
細かいところが残らない。
これは樹木が密生しているから林である
というおおざっぱなところは理解できても
樹木の種類はまったく不明
その林がどう構成されているかわからないと
その土地が理解できないわけで
いまから数字が頭に入る
脳力アップのいい手だてはないものかナ。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

AMUSEMENT | CONFUSION | DISCOVERY | ENCOUNTER | TASTE | THINKING