« 2016年8月 | トップページ

2016年9月26日 (月)

引っ越しました

Img_5100

こちらトヨタ自動車が
このあいだ発表した
クルマの性能向上をもたらす
アルミテープ
驚く効きめです

そんなこととか
新しいホームページで書いています

http://www.fumio-ogawa.net/

ここ
クリックしてもらってもとべます

よろしくお願いします


| | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

よだれ鶏も美味だけれど

Img_1803

1週間日本をルスにしていると
こういうものが食べたくなります。
渋谷「チャイニーズファン よだれ鶏」の
看板料理である
よだれ鶏。

茹でて冷ました鶏肉に
香辛料のソースをかけたもので
画像のものはくずきりが入っています。
四川料理が好きなひとはみな
大好物のはず。

いま出ている「GQ」10月号でも
編集部員の岩田氏とともに
ここを含めて
中国料理の
注目すべきニューカマーをとりあげる
企画をやりました。

Img_1800

このお店は
サイトウさんという
超強力なサービスのひとが
取り仕切っているといってもよくて
このひとのサービスがあるから
成り立っているのではないかとも
思うほどです。
(僕はサイトウさんのファン)

そして誰の発想か
聞いていないのですが
まずこんな季節の野菜と果物の
ジュースが出てきます。
これもおいしいのです。

ランチタイムにお店にくるひとは
近くの会社員っぽいのですが
みな
「こんにちは」と意って
入ってきます。
お店にリスペクトがあるんでしょうね。
ここがまた最高に僕が好きな部分です。

| | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

GLCクーペの旅はつづく

Img_1032

ルーマニアを中心とした
メルセデスベンツGLCクーペでの
旅は続いています
一日に500キロ強走るのですが
これまでの経験からいって
4時間ていどのドライブかなと
思っていたところ
一般道や山岳路や
牧場のまんなか!という道まであったりして
朝9時に出て
ホテルには18時というぐあいです。

メルセデスベンツは
上記の写真にあるように
ハッシュタグをつけて
SNSを中心に
このクルマのプロモーションを
拡大していこうという考えのようです。
それと各国からの参加者は
whatsupで連絡をとりあいます。

みんな若いから
嬉々としてやっているわけですが
こういうときは
世代の違いを感じます。
ブランドの新しい考えかたに
キャッチアップしなくてはと。

Img_1170

ところで
ルーマニアは
じつはなかなかよいかんじのところで
(ルートの選択がよかったのでしょうが)
さまざまな風景が楽しめました。

Img_1191

田舎は
レンガと木造を組み合わせて
瓦を載せているせいか
東南アジアなかんじです。
雑草が多いせいもあるかな。
ベトナムとかインドネシアを思い出させました。
みんな
街をぶらぶら歩いているし
すぐ手を振るし。

Img_1031

僕はけっこう
この国が気に入りました。
おそらく多くの友人たちも
気に入ってくれるのではないかと思うほどです。
もうひとつ
ルーマニアにはすごい魅力があります。

Img_1234

こんなかんじで
よくわからない建造物が多いのです。
これはドラキュラの城から
そう遠くないところにある
ダム湖のわきにたつ
プロメテウスの像(こういう解釈もあるのか!)で
発電所が近くにあるのでしょうか
手にしているのは
本来は火なわけですが
これはきっと電気でしょうね。

泊まったホテルも
富士五湖の周辺にありそうな
70年代のホテルを
思い起こさせます。
フランス語とかイタリア語がわかるひとは
意思疎通が出来るし
なかなかです。
ここは。

Img_0907

そうそうGLCクーペ
250dにつづいて
300に乗りました
(いずれも4MATIC)
そもそもGLCも好きだったこともあり
感心しつづけています。

#ChasingStars

| | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

ブダペストでGLCクーペ

Img_0760

いま東欧を
メルセデスの新型GLCクーペで
走っています。
上はハンガリーでのショット。

僕はブダペスト出身の
ジャーナリストと組んでいるので
彼がいろいろなスポットに案内してくれました。

Img_0795

ブダペストは
美しい街で
あまり連合軍の爆撃にあっていなかった模様です。
古いものが保存されているし
美意識がしっかり通底しています。

Img_0704

ブダペストの夜は
ペスト地区(川をはさんでブダとペストにわかれる)の
「KNRDY」(コンラディと読む)。
USDAプライムのステーキが自慢の店とのことで
リブアイのステーキは
欧州人たちも「おいしい!」とむさぼり食べていました。
下の写真はTボーンですが。

Img_0707

なんでもブダペストは
一時期
プラハをライバル視して
いっしょけんめいに街作りをやったとか。
物価の安さなどもあり
とくに夏はドイツからおおぜいの若者が
訪れるようになったとのこと。
たしかに観光客だらけでした。

日本人?と思うと
韓国人の団体だったりカップルだったりして
日本人に会うことが
とても少なくなっているように思います。
Img_0747

#ChasingStars

| | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ