« BMWにとっての100年 | トップページ | V40の大きな魅力 »

2016年7月13日 (水)

ホテル物語(Montebello Vista Alegre Ilhavo Hotel)

Img_9608

ポルトガルの磁器の町
イリャボにある(あった)
ビスタアレグレの工場跡に
建てられたモンテベロ・ビスタアレグレ・イリャボホテルに
先日泊まりました。

P1650428

おもしろいのは
磁器の伝統を
ホテルの装飾としていること。

Img_9545

これはレセプションです。
最初はどんな現代アート?と思いました。
あとで説明を読んでなるほどと思った次第。
各フロアは磁器の制作工程ごとに
装飾のテーマが決まっています。

Img_9598

2階はホワイトフロアと名づけられ
装飾前の磁器がテーマです。

Img_9595

部屋のドアには
こんな装飾が。
部屋ごとに違います。

3階は装飾をテーマにしたフロア
ここも廊下を歩いているだけで
そうとう楽しめます。

Img_9557

こんな部屋もありました。
僕の部屋は3階でビジュアルテーマは波。

Img_9585

部屋に入ると壁に
絵皿がかかっていました。

Img_9630

絵皿だけみると
伊万里みたいです。
そういえばこのメーカー
切り子細工のガラス器も出しています。
ポルトガルと日本の
距離は意外に近いのかもしれません。
食堂も磁器のテーマが見られます。

Img_9621

内部はシンプルです。

Img_9612

全体的に落ち着いていて
各フロアにこんな場所が設けられていたりします。

Img_9552

静かな夜には
お酒が似合う場所です。
ポルトガルには
リキュールを蒸留酒と
上手に混ぜたカクテルがいろいろあって
それも愉しみになるはずです。

Img_9523


|

« BMWにとっての100年 | トップページ | V40の大きな魅力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63891878

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル物語(Montebello Vista Alegre Ilhavo Hotel):

« BMWにとっての100年 | トップページ | V40の大きな魅力 »