« なぜセダンに乗らなくては? | トップページ | ずっと作られていてほしい »

2016年6月20日 (月)

撮れた!とメイプルソープは言った

Img_8347

NYCのホイットニー美術館でみた
ロバート・メイプルソープによる
あまりにも有名な
パティ・スミス。

デビューアルバム「ホーシズ」のジャケットであり
せつめい自伝「ジャストキッズ」を
思い出させます。

解説のなかで
スミスの言葉が引用されています。
「彼は12カット撮影して
8カットめにI got itと言いました」

同じようなことを
スミスは2015年暮れに
ロンドンで行われた
アニー・リーボビッツによる
ピレリカレンダー撮影の際のインタビューで答えています。

「When she said "I got it,"
I know she got it」
ここにルーツがあったんだなあと
僕は妙に感心しました。

そういえば
アメリカの美術館は館内撮影自由だし
かなり作品の近くに行くことも出来ます。
これにはとても感心しました。
作るひとと見せるひとと見るひとの間に
バリアがとても少ない。
そこです。

|

« なぜセダンに乗らなくては? | トップページ | ずっと作られていてほしい »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63804488

この記事へのトラックバック一覧です: 撮れた!とメイプルソープは言った:

« なぜセダンに乗らなくては? | トップページ | ずっと作られていてほしい »