« タワーレコード永遠なれ | トップページ | スロベニアでのカブリオレ »

2016年6月14日 (火)

本体より高価なオプション

Img_8742

ジャン・レノの姿を
久しぶりに(フィルムでですが)観ました。
ベントレーモータージャパンが先週
グランドハイアット東京で行った
新型車
ベンテイガの発表会でです。

ジャン・レノはいきなり
イメージキャラクターとして
(外国製の)フィルムに登場しました。

Img_8741

「エクストラオーディナリー」
(常軌を逸している)が
ベンテイガのキーワードのようで
日本ではどれだけ
コミュニケーションにおいて
このコンセプトが使われるか
わかりませんが
ジャン・レノはこの2695万円と
常軌を逸した価格の
大型SUVの魅力を説明してくれていました。

Img_8794

ベンテイガが
いかに図抜けたクルマであるか。
最大の証明ともいえるのが
オプションで用意される
ブライトリング製のクロノグラフでしょう。

使用中の傾きによる
精度の狂いを克服する機構である
トゥールビヨンが採用されているのが
最大の特徴だ。
もうひとつ最大(最大が多い)の特徴は
価格にあります。

2900万円のオプション
クルマより高価です。
クルマは2016年に入ってくる
80台は完売だそうです。
このオプションを選んだひとは
いないそうです。

自動巻きだそうです
あるインターバルで
上の画像のように
回転させる機構も備わっているようです。
やりすぎと思わせることが
このようなクルマには大事だということです。

Img_8822


|

« タワーレコード永遠なれ | トップページ | スロベニアでのカブリオレ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63766830

この記事へのトラックバック一覧です: 本体より高価なオプション:

« タワーレコード永遠なれ | トップページ | スロベニアでのカブリオレ »