« NYCで食べたものその1 | トップページ | NYCで食べたものその3 »

2016年6月 9日 (木)

NYCで食べたものその2

Img_8280

NYC2日めの朝食は
宿泊した「Hugo Hotel」のダイニングで。
オムレットなのですが
玉子焼きぐらい厚い
フライにして
パンのように具材をはさんだものでした。
脂をたっぷり吸っていたので
昼前までもたれました。

この日は昼すぎまで
予定がなかったので
歩いて15分ぐらいの
ミートパッキングディストリクトまで。
新しくなった
ホイットニーミュージアムに
はじめて行きました。
最後に行ったのは80年代初頭です。

Img_8384

近くの9thストリートの
「Dos Caminos」なる
伝統的なメニューを出すメキシコ料理店で
チキンのタコス。
適度な厚みのある
トルティーヤではさまれています。

Img_8388

朝のオムレットと似ています。
チキンは
酸味の効いたサルサとの相性もよく
美味でした。

夕方からはハドスンストリートで
「Cadillac House」のオープニングでした。

P1630573

歩道を使いながら
赤いカーペットの上に
一般の人もどんどん入れて
食事前のアペタイザーになるような
料理がふるまわれました。
いいかんじです。

P1630668

実際にパーティが始まってしまうと
食べ物はないので
この日はやはり
ホテルから歩いていけるところと
多少日和って
グリニッチストリートにある
「Wolfgang Pack」へ。
なんでわざわざ?というかんじも
なきにしもあらずなのですが。

Img_8434

つけあわせは
ベイクトポテトです。

Img_8439

ベイクトポテトがあるときは
かならずこれ。
フライよりはるかに好きです。
ほっとする味というか。

アメリカだと
各地で足を運んでいることに
気がつきました。
大人の男が多くて
しかもサービスが年季の入った人ばかりで
雰囲気はとてもいいレストランです。

Img_8427

NYCは世代交代が進んで
古いレストランやカフェの
新しいオーナーは
若い店長を雇っているようですが
ウルフガングパックは
そこと逆にいっていて
とてもいいかんじです。

|

« NYCで食べたものその1 | トップページ | NYCで食べたものその3 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63734345

この記事へのトラックバック一覧です: NYCで食べたものその2:

« NYCで食べたものその1 | トップページ | NYCで食べたものその3 »