« ミラノのマジス | トップページ | マセラティがレバンテ発売 »

2016年5月10日 (火)

ミラノのカリモクニュースタンダード

P1620114

4月のミラノデザインウィークで
僕がおもしろいと思った
インスタレーションについて書いています。

これは愛知県のカリモク家具の
カリモクニュースタンダードの新作。
いいかんじの素朴さです。
でもじつは製作は意外と難しいそうで
とくに樽型の脚がついているテーブルは
精度を出すのが大変なんだそうです。

P1620110

展示会場では
イタリア在住韓国人アーティストの
チュン・ユン・モーによる
ラグも展示されていて
いいかんじの空間が構成されていました。
マジスとは対極の家具というかんじですが
いいですねー。

P1620123_2

こんなふうに中庭に面した
建物の中で
展示されています。
これもミラノデザインウィークの魅力の一つ。

カリモクニュースタンダードが選んだ
チンクエビーエは
ドゥオーモのすぐそばですが
細い道に
クラシックないいかんじのカフェがあったり
かなり雰囲気のいいエリアです。
ここはこれから
ブレラとかトルトーナのように
地区ごと盛り上がろうという気運のようです。

P1620126


|

« ミラノのマジス | トップページ | マセラティがレバンテ発売 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63554976

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノのカリモクニュースタンダード:

« ミラノのマジス | トップページ | マセラティがレバンテ発売 »