« もんじゃの効用 | トップページ | 隠しメニューのトムヤムクン鍋 »

2016年4月26日 (火)

フィリップアイランドのペンギン

Img_4537

先週は豪州フィリップアイランドに
ペンギンを観に行ってきました(半分以上ウソ)。
でもペンギンを観たのは本当
(ややこしい)

メルボルンからクルマで
2時間ぐらいのところにある
フィリップアイランド
(江ノ島みたいに橋でつながっている)は
リトルペンギンなどと呼ばれる
小さなペンギンの生息地です。

そこに「ネイチャーパーク」なる施設を建てて
ペンギンの観察をさせています。

Img_4530

リトルペンギンはこのあたりにしかいない種だそうで
日の出ごろ海に入り
日没直後に陸に上がり
用意された巣箱にえっちらおっちら帰ってきます。
捕食されないためだそうです。
その様子を観察させるのが
このネイチャーパークのウリなのです。

暗くなってからなので
海から上がってきた集団は
よく見えません
白いお腹がときどきちらちらと見えるぐらい。
でもボードウォークからは
一所懸命歩いている様子が見られます。

観ていてふと気がつくと
その後ろにワラビーがいたりします。
ここはたしかに日本じゃないと
思った次第です。
僕が子どもの時
生で観たいと思った動物
なんだったんだろうと思い返すと
ペンギンは確実にそのひとつ。
絶対ムリだろうけれど
もうひとつはデカい熊です。

|

« もんじゃの効用 | トップページ | 隠しメニューのトムヤムクン鍋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63525397

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップアイランドのペンギン:

« もんじゃの効用 | トップページ | 隠しメニューのトムヤムクン鍋 »