« 時間のとまったような賢島 | トップページ | ミラノ朝の風景 »

2016年4月14日 (木)

ミラノデザインウィークのレクサス

P1610534

ミラノデザインウィークでは
今年もトルトーナ地区で
レクサスがりっぱな
インスタレーションを展開しています。

全体をかたちづくったのは
オランダの二人組で
人気の高い
フォルマファンタズマ。
意外な素材を使って
モノを作ることを得意とすると評判のため
今回もやはり楽しませてくれました。

上は糸を染めてクルマのかたちを見せる
インスタレーションです。
糸はトヨタのルーツである豊田紡織をイメージし
同時にフレームが上下して
なにもなかったところから
クルマが姿を現すのは
トヨタ(というかレクサスなのですが)の
オートメーション工場のイメージだそうです。
工場から採ったという音も流れます。

P1610474

こちらは鳥居っぽいイメージ
フォルマファンタズマの二人が
日本でその造型に感心して、ということだそうです。

P1610533

「“Anticipation”(予見)をテーマに、
LEXUSがデザインを通じて
予期せぬ驚きと感動の体験を提供する」というふれこみの
今回のインスタレーション。
時間かけてじっくり観ると
レクサスデザインアワードといい
楽しめる内容です。
内容の深さは今回のミラノデザインウィークの
インスタレーション中でピカイチだと思いました。
会期は4月17日まで。

|

« 時間のとまったような賢島 | トップページ | ミラノ朝の風景 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63479844

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノデザインウィークのレクサス:

« 時間のとまったような賢島 | トップページ | ミラノ朝の風景 »