« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月28日 (木)

デンマークの赤い肉税

Img_4270

デンマークが赤い肉への課税を検討しているそうです。
英国の”砂糖税”につづいて
衝撃的なタックスです。

デンマークの理由は
牛の環境への影響を抑えるため
牛のような反芻動物のげっぷが
CO2の多くの部分を占めていることは
よく知られているうえに
牧場などを作るために
森林伐採が行われています。

デンマークによると
生きている牛に加え
肉へと加工する過程で
同じぐらいCO2が排出されていると
計算できるそうです。

僕個人はこういう税は
根拠が難しいけれど
納得できると思っています。
砂糖税も日本にも必要かも。

| | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

隠しメニューのトムヤムクン鍋

Img_1134

UOMOの今月号での取材が
西麻布「キッチン」のトムヤムクン鍋。
ベトナム料理店ですが
食べる地域もあるとのこと。

スズキさんという女性が
ずっとやっているこのお店
女性オーナーならではの
やさしくて
こじんまりしたかんじが魅力で
女性客が多いのもよくわかります。

トムヤムクン鍋も
野菜とキノコの量がハンバありません。
2人だとボリュウムたっぷり。
隠しメニューだけれど
食べている女子2人組をいくつも
見かけたりします。
もちろん
オジサンにもいいですよ。
味もよし具材のバラエティにも富んでいて
幸せな気分になれる鍋です。

| | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

フィリップアイランドのペンギン

Img_4537

先週は豪州フィリップアイランドに
ペンギンを観に行ってきました(半分以上ウソ)。
でもペンギンを観たのは本当
(ややこしい)

メルボルンからクルマで
2時間ぐらいのところにある
フィリップアイランド
(江ノ島みたいに橋でつながっている)は
リトルペンギンなどと呼ばれる
小さなペンギンの生息地です。

そこに「ネイチャーパーク」なる施設を建てて
ペンギンの観察をさせています。

Img_4530

リトルペンギンはこのあたりにしかいない種だそうで
日の出ごろ海に入り
日没直後に陸に上がり
用意された巣箱にえっちらおっちら帰ってきます。
捕食されないためだそうです。
その様子を観察させるのが
このネイチャーパークのウリなのです。

暗くなってからなので
海から上がってきた集団は
よく見えません
白いお腹がときどきちらちらと見えるぐらい。
でもボードウォークからは
一所懸命歩いている様子が見られます。

観ていてふと気がつくと
その後ろにワラビーがいたりします。
ここはたしかに日本じゃないと
思った次第です。
僕が子どもの時
生で観たいと思った動物
なんだったんだろうと思い返すと
ペンギンは確実にそのひとつ。
絶対ムリだろうけれど
もうひとつはデカい熊です。

| | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

もんじゃの効用

Img_3216

金曜日に書いた
大木屋はコース料理。
しめには
ルーツであるもんじゃです。

大きな鉄板が2回
いっぱいになる量です。
すごいのですが
しかし
わいわいと話していると
食べられてしまいます。
楽しい会話は消化に大切なのでしょう。

この量でおかわり(1500円)があるのですが
(コースいがい唯一のメニュー)
頼むひとはまずいないようです。

僕がそだった東京南部では
もんじゃはありませんでしたが
じつはビジネストークとかに
とても向いている食べ物です。
ゆっくり出来るから
じっくり話すのに最適。
港区とか中央区に
増えてもいいかもしれません。

| | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

谷中銀座の大木屋

Img_3157

谷中銀座のはずれにある
お店です
近所のひとに聞いて
たどり着きました。 

大木屋では
久しぶりに楽しい体験が出来ました。
もんじゃ焼きの店としてスタートし
いまはコース仕立てです。
超大きなメンチカツや
10センチあろうかという
ぶ厚いステーキが出てきて
最後は巨大なボウルに入ったもんじゃです。

| | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

河内タカさんの本

Img_8835

フォトエージェンシーの
アマナで
フォトエディターを務める
河内タカさんが本を出しました。
僕は原宿を歩いていて
友人から紹介してもらったのが
出合いです。

写真への造詣が深いうえに
文章が上手で
写真の歴史や
名写真家について触れたエッセイの数かず
楽しく読めます。

僕は紙焼き写真で育った世代なので
写真のことを
読むのが楽しくしようがありません。
自分でもこのあいだ
ライカを持ち出して
モノクロで撮影して
銀座の富士フィルム系
プロラボサービスで
焼いてもらいました。

ここを選んだのは
現像液がいいと昔聞いたからです。
プロに言わせると
写真は現像液が命らしい。
ところが……
期待に反して
露出がめためただったのに驚きました。

そうなると
そのあとずっと
なんで失敗したんだろうと考えます。
それで劇的によくなるわけではないのですが
それでも続けて撮れば
改善していくのでしょうか。
課題です。


| | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

ニースのSクラスカブリオレ

P1610117

メルセデスの新型
Sクラスカブリオレに
ニースで乗りました。

4463ccV8のS550カブリオレと
5461ccV8にフルタイム4WDの
メルセデスAMGのS63 4MATICカブリオレ。

P1610063

トルクがたっぷりあって
乗り心地がよくて
室内は贅沢で
ようするに感心するしかない出来でした。

P1610112

試乗の日は好天で
すばらしいドライブが出来ました。
ニースの市街地や高速は
混んでいるのですが
山道はガラガラ。
こんな大きなボディのクルマで、と思うのですが
メルセデスの常として
どんなカーブでもさらりとこなしてしまう
実力ぶりでした。

P1610226

指折りのリゾート
キャップフェラのグランドテルには
1971年発表の220SEカブリオレも置かれていました。
メルセデスのイベントには
こんなふうに昔のクルマが持ち出されることが多いようです。
自慢できるヘリティッジがあるのは強みです。
最近は欧州でも若い世代は
メーカーの昔のモデルとか
ぜんぜん知らないようで
なんとかおぼえてもらいたいという思いもあるとか。


| | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

ドンペリニヨンのロゼのショー

Img_3240

ドンペリニヨン・ロゼ・ビンテージ2004の
レセプションが
このあいだリッツカールトン東京で開かれました。
ピノノワール主体で
シャルドネをブレンドしています。
なのでふつうのロゼと違い
はっとするようなビビッドな「赤」が大きな特徴です。

Img_3247

味わいはすっきりして
ドライです。
甘さが抑えめで飲み飽きないかんじです。

Img_3257

このときは
リッツの宴会担当料理長による
コースが出たのですが
じつにおいしい!
すばらしい料理の数かず。
一緒のテーブルの
口の肥えた編集者の面々も
同じ感想で笑顔でした。
上はメインの鴨のミンチ肉を
団子状に軽く揚げたもの。

暗いのがタマにキズですが
控えめな味付けが上手で
かつ鴨のしっかりした味を
適度な油が包んでいています。
軽く酸味のあるソースもよく合っていました。

Img_3280

このときはダンスエンターテイメント集団
バーンザフロアのショーが余興で。
官能性というのが
共通したテーマだとか。
選曲がおもしろくて
最後は「ボールルームブリッツ」
英国のハードポップバンド
スウィートが73年にヒットさせた曲でした。

僕は中学生のとき
ひとりで(そおっと)盛り上がっていました。
同じテーブルの誰も知らなかっただろうなあ。
ワインの味はすばらしく
ショーもよく構成されていて
みんな拍手していました。
そこにあって
ここだけは
オジサンにウケました。

| | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

こんなもの食べていました

Img_3333

この1週間のご飯の報告です。

でもまず最初に
熊本・大分の大きな地震に
心を痛めていることを書かないではいられません。
おにぎりをもらうのに
1時間並んだとかの報道に接すると
どう心を寄せていいか悩みます。

まずはオランダ・スキポール空港ゆきの
KLM航空のランチです。
日本食です。
鴨の胸肉
エビのマリネ
ホタテ貝柱のフライといった内容です。

Img_3346

ご飯よりも
マンゴーとパッションフルーツの
ムースケーキが美味でした。
Img_3347

こちら到着前の軽食の
チキンカレー。
日本だと夕食の時間です。
うーん
これは全然ダメですね。
チキンは見えませんが
じつは妙に大きくて
しかも煮込んでないから
味も妙なかんじです。
安ーいカレー屋でこういうカレーライスあります。
二度と行かないようなところ。

Img_3363

アムステルダムからニースへの
KLM便の軽食です。
チキンを使ったシェフサラダ。
それより容器が
いまもマルセル・ワンダースのデザイン。
このあとのミラノデザインウィークへの
プレリュードとしてはいいかんじです。
味は別にいいかんじではありませんでした。

Img_3395

ニースの真ん中にある
「ボスコロ・エクセドラ・ニース」の
メインダイニングでのパスタを夕食に。
ここは
パスタ系が3つメニューに並んでいるのですが
「よくわからないメニュー名なので
カルボナーラをスパゲティで作って」と頼んだら
出来ませんとの返事でした(驚)
しようがないから頼んだマケロニ。
パスタがひどい味。
そもそもマジメなレストランなら三色マケロニ
使いません。

Img_3399

このホテルは
「オートグラフコレクション」に加盟しています。
基本インディペンデントですが
マリオットから予約可能なので
アメリカ人観光客が多いのでしょうか。
だから?と訊かれても困りますが。
上は朝食のパンです。

この日はメルセデスSクラスカブリオレの試乗会
ランチはフランス人が憧れという
シャトー・サント・ロズリンです。
これはアルペスト(ジェノベーゼ)のスパゲティ。

Img_3431

イタリア人が多いニースだけあって
出来はしっかりしていると思いました。
ここはワイナリーでもありますが
本来レストランではありません。
メルセデスがこのイベントのために
借り切っているのでした。

Img_3497

こちら
「グランドテル・キャップフェラ」での夕食
仔牛とアーティチョークです。
美味です。
ふたつの素材がよく合っているし
仔牛は質も高いし
マルサラ酒かな?あっさりしたソースが
肉の味を上手にひきたてています。

Img_3498

デザートも美味でした。
下は同じホテルの朝食です。
これはフツウ。
でもチーズはほかより美味です。

Img_3503

この日はメルセデスSLCでニースの
山中を走りました。
そしてティーブレークのため
小さな村の
「ルガール1895」なるビストロへ。

Img_3582

夕ご飯もおいしそうでした。
それからニースに戻って
海に突き出した
ユニークなレストラン「ル・プロンジョワ」でランチです。

Img_3631

牛肉のグリルにポテト
単純な料理ですが
肉の質がよく
意外なほどおいしかったです。

Img_3710

この日の夜は
一人でインド料理店「ル・デリ・ベリ」へ。
レストランが並ぶサレヤ通りの一本裏の店です。
ラムコルマ
レストランは暗くて雰囲気ばつぐんですが
料理はスパイスがかなり控えめ
ちょっとがっかりでした。

Img_3714

でもチャーイがポットで出てきたので
嬉しくなりました。
翌日の朝食は「ルメリディアンニース」で。

Img_3725

やっぱりチーズを食べました。
そしてアリタリアでローマへ。

Img_3736

南仏系のラザーニャのようなものです。
はっきりいってマズい。
ローマ経由ミラノに入り
運河沿いのレストラン「ピンチ」で食べた
タルタルは
ややウスターソースがきつかったものの
いいかんじ。
PR会社のK社長と
ロウソクだけの明かりで運河を見ながらの食事。
なんだかホッとしました。

Img_3859

ほぼ運河沿いの
アルトオテル・ナビリでの朝食です。

Img_3862

この日からミラノ・デザインウィークのはじまりです。
ランチはやはりK社長と
トルトーナにある
「Boccino」でトマトソースのスパゲティ。
けっこうな量です。
茹で方は上手です。

Img_3895

ミラノ二日目の夕食は
シーフードで評判の高い
「Al Grissino」
(Via Gian Battista Tiepolo, 54)

Img_4209

伊勢エビのトマトソースがけ。
ソースはいろいろ選べるようです。
一見中国料理みたいです。
エビそのものが美味で
かつトマトも甘さと酸味のバランスがよく
印象に残る主菜でした。

Img_4245

ミラノデザインウィーク2日めのランチ
ドゥオモそばの
「Caputo」で
生麺のタリオリーニ・アルペスト
なかなかのもんです。
カマンベール?が添えられていて
これがパンとよく合います。

Img_4273

夜は肉料理で有名な
「Casa Lucia」で
ステックフィオレンティーナ
いわゆるTボーンです。
サーロインもテンダーロインも
ともに風味があって美味でした。
サーロインもおいしいというのは
なかなかないことです。

Img_4279

ミラノ最終日のホテルの朝食
イタリアのホテルは
泊まったことあるひとはご存知のように
ケーキが充実しています。
リンゴのケーキですが
シンプルながら酸味と甘みが
上手に調和していてなかなか!

このあとマルペンサ空港へ移動です。
アリタリア航空のラウンジでサンドイッチ。

Img_4372

これがサイアクのマズさ(苦笑)
熊本の大地震で被害に遭った方々のことを
考えたら
バチがあたりそうですが
食べられませんでした。
サンドイッチのかたちをした無機的な食べ物。

Img_4386

機内食もひどくて
このパスタも歯ざわりが悪く
味もよくない
全部食べられません。

Img_4389

セコンドは
「仔牛とコロンナータ産ラードのレタス包み」
これは風味があってなかなか。
しかしすごいカロリーでしょう。
それと塩味がきつく
(機内でそう感じるのだからかなりですね)
食べきる勇気はありませんでした。

Img_4393

アリタリア航空は
いつでも好きなときにサーブするという
方針に切り替えていましたが
料理のクオリティは
急坂を転げ落ちるように低下しているようです。

フェラーリの社長だった
ルカ・ディ・モンテツェーモロ氏が現在社長ですが
彼の時代になって
より悪くなっているのでは……。
おかげで機内にいるあいだに
体重減りましたが。苦笑


| | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

ミラノ朝の風景

Img_3775_2

さきに触れたように
日曜日は花の市が立っていた
ミラノの運河沿い。

翌日には
きれいさっぱり片づいていました。

Img_3870

| | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

ミラノデザインウィークのレクサス

P1610534

ミラノデザインウィークでは
今年もトルトーナ地区で
レクサスがりっぱな
インスタレーションを展開しています。

全体をかたちづくったのは
オランダの二人組で
人気の高い
フォルマファンタズマ。
意外な素材を使って
モノを作ることを得意とすると評判のため
今回もやはり楽しませてくれました。

上は糸を染めてクルマのかたちを見せる
インスタレーションです。
糸はトヨタのルーツである豊田紡織をイメージし
同時にフレームが上下して
なにもなかったところから
クルマが姿を現すのは
トヨタ(というかレクサスなのですが)の
オートメーション工場のイメージだそうです。
工場から採ったという音も流れます。

P1610474

こちらは鳥居っぽいイメージ
フォルマファンタズマの二人が
日本でその造型に感心して、ということだそうです。

P1610533

「“Anticipation”(予見)をテーマに、
LEXUSがデザインを通じて
予期せぬ驚きと感動の体験を提供する」というふれこみの
今回のインスタレーション。
時間かけてじっくり観ると
レクサスデザインアワードといい
楽しめる内容です。
内容の深さは今回のミラノデザインウィークの
インスタレーション中でピカイチだと思いました。
会期は4月17日まで。

| | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

時間のとまったような賢島

Img_2713

ジャガーの試乗会で
賢島へ行きました。
名古屋駅でクルマをピックアップして
60キロほどのドライブ。
賢島のあたり
10年ぶりぐらいですが
変わっていないなあと思いました。

Img_2710

宿泊先の
賢島プライムリゾートも
まったく以前のまま。
手を入れられて
よく維持されていますが
新しさはありません。

アッシュドールというのが
フランス料理を出すシグネチャーレストランですが
かつてここでは
水の料理という
新しいフランス料理を作った
故ベルナール・ロワゾーの薫陶を受けた
山口浩シェフ(神戸北野ホテル支配人)が監修した
朝食が売りでした。
それをどうもいまも提供している模様。

少し変わっているようですが
レストランの入り口で説明を受けたところ
基本は似ているかんじです。
10年以上も前だったから
ちょっとびっくりしました。
まあ変えるのって難しいですね。
時間の止まっているような賢島で
自分だけが歳とったような気分になりました。


| | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

感激するタルトタタン

Img_3642

ニースにいました。
いまは移動していますが。
初日は好天に恵まれましたが
次の日は雨。
上はニースの海上レストラン。

晴れていたら
気持ちよさそう。
春の雨もいいものですが。
暖かくて。

Img_3639

そこで食べたタルトタタン(アップルパイ)は
驚くほど美味でした。
美しい景色のレストランは
おいしいものを出すと
いわゆる”オーバークオリティ”
過剰投資になるとは業界の言説です。
でもここは違います。

ここのタルトタタンは
甘酸っぱいリンゴを使い
繊維がしっかり残っている
切り方も煮方も絶妙。
いわゆるアメリカ式のアップルパイとは
まったく違うコンセプトです。

日本だとケーキみたいになったり
従来のコンセプトに引き寄せて作りますが
こういうふうに
違う料理なのだという考え方こそ
大事なんですねー。

P1610372

山の上から見たニース。
海が本当に青いんです。
何度来ても
変わっていないかんじです。
その”かんじ”というのが
観光地には大事なんでしょう。


| | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

ミラノでびっくりな遭遇

P1610445

ミラノは運河沿いのホテルです。
これが大正解
なんと到着した日曜日は
大きな花の市が出ていました。

Img_3836

運河に沿って
見渡すかぎり店が並んでいます。
圧巻。
ふだんは青山の国連大学のマーケットだって
行かない僕ですが
なんだか楽しくて
うろうろしてしまいました
(ほかにやることなかったし)。 

Img_3769

多肉植物もけっこう人気です。
でもこれを大きく育てるのは
なみたいていの苦労じゃないだろうなあと
じっくり見ながら考えていました。

花もいいけれど
気になるのは
やはり食べ物。
カンノーロ
人気でした。

Img_3819

サルーミ屋もあって
豚やイノシシはおなじみですが
手前はロバのサルーミ。

Img_3785

かわいい子ロバのイラストが
ついています。
つぶらな瞳を見ながら
おいしいなあと食べるのでしょうか。
肉食のメンタリティです。

Img_3803

これはふだんは足を運べない
建物の中庭。
いったいいつの建物でしょうか。
「ミラノに行ったら
中庭を見るべきだ」
ちょうど今月のアリタリアの機内誌で
シャープな家具など手がけてきた
ジュリオ・カッペリーニが語っているのを
読んだところでした。

P1610462_2

本日月曜日からデザインウィークのスタートです。


| | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

かなり僕好みの店

Img_2461

かなり僕好みの店に
偶然出合いました。
ごく最近息子さんが生まれた
D社のハマダさんが連れていってくれた
神宮前交差点そばの「藤乃」。
ベテランの男性二人でやっている
日本料理店です。

Img_2456

ことさら高級感は追求していないけれど
こざっぱりとした店の雰囲気といい
旬のものを重視しながら
上の若竹煮もあれば
ハムカツもあるといった
メニューといい
いい意味で力みのないかんじ。

ギラギラした大将がいて
あれはどうだ
これはどうだと
勧めてくるエネルギッシュさに
少々へきえきとしている身としては
ここはかなり高得点。
おじさんによく合う店です。

| | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

現場でおどろいたこと

Img_2440

まさかこんな日がくるとは。
先日某誌の撮影で
スタジオ入りしていて
ふと見ると
そこに集まっているひとたち
すべて僕より年下ではありませんか。

それもけっこう歳がはなれています。
すばらしいことではありますが
(いろんな意味で)
昔は全員年上だったのになあと
妙に感慨をおぼえました。

そのあとの別の雑誌の
ファッション撮影のロケでは
ヘアメイクや
アシスタントたちをのぞいて
ほぼ同年代。

対照的な現場でありました。
僕も歳とったわけです。

| | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

名駅での出合い

Img_2879

ジャガーXFの試乗会のあとは
名古屋駅で解散になったので
僕はオウプナーズのヤマグチ氏と
カメラマンのアラカワ氏と
地下の飲食街へ。

知っている店が
あまり多くなかったけれど
とりあえず矢場とんだろ、と
足を向けてみると
長蛇の列!

しかたなく
近くの「鶏開総本家」なる店で
尾張鶏飯なるごらんのものを。
まったくフツウでした。

知らない土地で
おいしいものにありつける確立は
地球に生き残った
ただ一人の男と
ただ一人の女が出合うぐらい
難しいのかもしれません。
だから食べログとか流行るんですねえと
改めて思いました。


| | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

最も美しい村のワインと柳忠之さん

Img_2442

ほんとうに偶然なのですが
昨日ブログに書いた
寺田直子さんの
「フランスの美しい村を歩く」の出版と並行して
僕はそれらのうち14村で作られた
ワインを日本に輸入する手伝いをしていました。

上はパンフレットに書く
テイスティングノートのための
試飲風景。
左の奥にいるのが
今回お仕事をお願いした
ワインジャーナリストの柳忠之さんです。

最近では日経から出た
「ワインスタイル」の監修をやっています。
柳さんのワインテイスティング
じつに勉強になります。

| | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

最も美しい村と寺田直子さん

Img_2428

友人の、と書いては
ご本人に悪いかもしれないが
トラベルジャーナリストの
寺田直子さんが
新刊「フランスの美しい村を歩く」を出しました。

フランスの最も美しい村協会に加盟している
153村のうち
今回は30村の訪問記。
「自分でシュコダを借りて回って
大変だったわ」とは寺田さん。

あちらはアイコンタクトで運転するからね、と僕。
どっちが道を譲るかとか
どちらへ行きたいかは
ウィンカーで判断するのではなく
ウィンドシールドごしに観る相手の眼。
ラテンではそうなのです。

それはともかく
30村の中には
ピーター・メールの
「プロバンスの12カ月」の舞台になった
ミネルブも含まれています。
この滞在記も傑作です。

今度ゆっくり
食事をしながら
最も美しい村の滞在記を
聞かせてもらいたいと思っています。


| | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

レストランではジュースの提案

Img_9244

虎ノ門のフランス料理店「ピルエット」から
オリジナルのリンゴジュースをもらいました。 

「ワインのように、
料理と共に味わうためのフレッシュジュース」というのが
お店のふれこみで
酸味をあえて活かしたものとなっています。
(すっきりしています)

以前から
レストランでは
ワインを作るブドウの
発酵させていないノンアルコールジュースを
出しているところがありましたが
ここにきて
ジュースへの凝り方も深度が深くなっています。

「日本ではなぜ
レストランではワイン(とかアルコール)と
強迫観念みたいにとらえているんだろう」と
以前フランス人の料理人に
言われたことがあります。

あちらでは
飲むときは飲みますが
レストランにいったら
お約束のように頼む習慣はありません。 

今回のリンゴジュースは
堅苦しい思いをせずに
料理を楽しませてくれるという点でも
大いに評価してあげたいと思います。


| | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »