« 帝国ホテルでのイベント | トップページ | メルセデスから特別なクーペ »

2016年3月14日 (月)

百の会

Img_7313

書こう書こうと思って
遅くなってしまいました。

小山薫堂さんが
奈良で骨折して
京都の病院に入院しているので
お見舞いをかねて電話したところ
GQに書いた記事のお礼を言われたので
そういえば!と思い立ちました。

熊本で1900(明治33)年に創業した
高橋酒造は米焼酎で知られています。
先日神谷町「スガラボ」で
同社の米焼酎「百」と
須賀洋介シェフの料理と
それにもうひとつ
天草の”予約のとれない”店
「奴(やっこ)寿司」の村上安一親方との
コラボレーションディナーがありました。

Img_7277

この会のプロデュースが
小山薫堂さん。
そもそも
米焼酎は
臭みのないところに特徴がありますが
「百」もじつにすっきりした飲み口で
しかも多めに飲んでも
鼻につくかんじがありません。
そのよさを広めようというのが
鮨とフランス料理との
コラボレーションの目的ということでした。

Img_7238

日本酒は食中酒としては
すぐれていても
まったり感が気になるし
醸造酒としての
独特の酔い方がなあという向きに
上質の米焼酎をアピールしたいという狙い
よくわかりました。

Img_7308

この食事会
少し前に開かれたもので
僕はギャレットドロアで
自分が選んだ一片のなかに
磁器が入っていました。

ほかに磁器が出たのが
天海祐希さんと
神戸「パティシエエスコヤマ」の
小山進シェフ。
みんなで”王冠”をかぶりました笑

小山薫堂さん
一刻も早いご回復を!


|

« 帝国ホテルでのイベント | トップページ | メルセデスから特別なクーペ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/63337822

この記事へのトラックバック一覧です: 百の会:

« 帝国ホテルでのイベント | トップページ | メルセデスから特別なクーペ »