« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

BBQにもタイミングがある

P1530944

ホテルの中庭でBBQ。
スタッフも待機です。
おいしかったですが
ひとつだけ苦言を呈すると
炭の起こしかたに問題があるのか
すぐジュースがなくなって焦げてしまいます。
取りに行かないベストも悪いのですが
やはりBBQといえども
アラミニュットです。
とりに来てから焼くのでも
遅くはない。
料理はほぼどれも
顔を見てから作ったほうが
おいしいに決まっています。

P1530953


| | トラックバック (0)

久しぶりにやるかと思いました

P1530990

BBQのあとのお楽しみ
サッカーゲームと
スロットレーシング。
コースはその日の午後走った
ナバラのサーキットです。
クルマは50〜60年代のジャガー
レーシングカー。
洒落た演出です。
さあ!
ひさしぶりにやるか!と思ったら
なんと壊れていました。
がっかり。

| | トラックバック (0)

イルーニャのホテルの夜

P1530967

スペインは
イルーニャ(パンプローナのバスク語)の
リゾートホテルに泊まっています。
大きな部屋で洒落た内装の
アメリカにありそうな
「ムガ・デ・ベローソ」というところ。
夕食はBBQで
ふと見上げると
建物には文字が投影されていました。

| | トラックバック (0)

子豚料理にやられた

Img_1045

豚の国といわれるドイツ
ここは
フランクフルト空港に近い
ドイツ伝統料理の店で。

画像は
フランクフルトアムマインがある
ヘッセン州の伝統料理
乳のみ子豚の脚です。
ジャガーのカトウさんらと行きました。
このいいお店を推薦してくれたのは
ジャーナリストのカワバタさんです。

皮はぱりっぱり。
中はほくほくです。
きついなーと思うのは
ベーコンと
さらにベーコンが混ぜてある
ザウアークラウトのつけ合わせ。
どんだけ豚食べるさせるの、というかんじです。

しかし後になって
残さなきゃよかったと
記憶の中でおいしさが追いかけてきます。
シャブリを頼みましたが
もうすこしこってりした白か
赤ワインでも合ったでしょうねえ。
リターンマッチをやりたい店です。


| | トラックバック (0)

パンプローナまでに食べたのは

P1530696

フランクフルトから
パンプローナまでの
アドリア航空の朝食。
チャーター機なので
小さなターボプロップです。
そのおかげで
与圧が少なく
音も静かで
平和な気分で乗っていられます。
クロワッサンを使った
サンドイッチは
おいしかったです。
ヨーグルトはダメでした。

| | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

フミコの和食はヤバい

Img_1022

ひたすら食べまくっていたJAL機内。
もっとも感心したのは
狐野扶実子(このふみこ)さんが
プロデュースした
「フミコの和食」
(「洋食」もあるのですが)
「茄子のお好み焼きふう」と
「レンコン、合鴨、おからのはさみ焼き」が一皿に
加えて春菊のサラダ
それに冷や汁です
冷や汁はご飯にかけてということで
(まさに冷や汁)
なかなか上手で
「うまいなあ」と感心しました。
若者ふうに言うと
JALのプロデュース力はヤバいです。
上手。


| | トラックバック (0)

なくならないカレーライス

Img_1019

機内では集中できないので
(気圧の関係で無理らしいとか)
どうしても食べるほうに向かってしまいます。
アラカルトで頼んだのは
カレーライス。
軽いお食事とあったのですが
じつは器が深くて
ご飯がたっぷりです。
なかなかなくなりません。
ちょうど機内のエンターテイメントで
そばの大食いがテーマの
「そば清」を聴いていたので
自分と一瞬重なりました。


| | トラックバック (0)

JALの機内食は高得点です

Img_1009

JALで成田からフランクフルトです。
食事はかなり高レベルです。
これはランチ。
左上から横にフルーツトマトもずく酢
ごま豆腐+くるみ+いくら
ずいきの梅ジュレがけ……
といったぐあいです。
日本酒ですね、ぴったりなのは。
ひと枡ひと銘柄というかんじでしょうか。


| | トラックバック (0)

全旅館青年部褒章アワードグランプリ受賞作

Img_0984

弥彦温泉「みのや」の朝食
ブッフェ形式ですが
なかなかの充実ぶり。
入ってくる客を
いちいち誰何しない
おおらかさも魅力です。
右の小鉢に入っているのは
なかなか優秀で
きゅうりのからし和えとか
大根のぴり辛とか
ご飯が進むものばかり。
一番下は
弥彦味噌を使った
「茄子炒り」
全旅館青年部褒章アワードグランプリ受賞作と
ありました。
これなんだろうと思うのですが
朝食の時は
舞い上がっているので
「全」
「アワード」
「グランプリ」の文字しか
目に入ってきません。
たっぷりとらせていただきましたが
非常に甘く
そして塩っぱいもの。
耳かき一杯でお酒が半合ぐらい
飲めそう。
朝ご飯には向いていないかも(泣)
でもまあ
地元が頑張っていることに
変わりありません。

| | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

復活した村上の紅茶

P1530667

新潟でもらった
「雪国紅茶」。
同県の村上で作る茶葉100%がウリ。
村上は新潟県北部の都市で
お茶づくりの北限らしいですが
1620年から茶葉を作ってきたとあります、
以前はアメリカを中心に
ロシアなどに輸出したそうですが
大正年間に
輸出がなくなり
お茶づくりも途絶えたそうです。
それを村上氏の
冨士美園株式会社が
2004年に
復活させたのがコレ、とのことです。
日本には
知らないものがたくさんあります。


| | トラックバック (0)

パワースポット訪問

P1530642

宿泊は
有数のパワースポットとして知られる
彌彦神社と指呼の距離でした。
参道のしょぼさ(失礼)と裏腹に
みごとな規模の神社です。
インターネットのサイトでも
彌彦神社のことを説明した
興味ぶかい記事とか発見です。
このときは
東儀秀樹氏らの
フリーコンサート
(奉納公演というらしい)も
開催されていました。
神楽殿を使っていたのでしょうか
とてもいいかんじでした。
聴けずに残念です。
P1530651


| | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

弥彦温泉より

Img_0968

マツダのお招きで
新潟にきています。
こちら弥彦温泉「みのや」での夕食。
このあと
のどぐろの切り身が出てきました。
「これが出てこそ新潟」と
同席させていただいた
玉川堂の玉川社長。
のどぐろ
僕も大好物です。

| | トラックバック (0)

GTRがいま必要なものは

Img_0946

日産自動車に打ち合わせに。
GTRあいかわらず人気です。
そろそろ
GTRのイメージ再構築が
必要な時期?と思ったりします。
どんなイメージがいま必要でしょうか。
おそらくライブリーな
気持ちがぐっと昂揚するようなものでしょう。

| | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

レストランで大事なことは

Img_0944

カレッタ汐留の丸亀製麺で
肉皿うどんです。
しょっぱい。
ここもそれなりに流行っているのは
店内がスペーシーなのと
讃岐うどん的な
セルフサービスが楽しいからでしょう。
楽しいとは
レストランにとって
とても大事なことです。
時どき忘れられていますが。

| | トラックバック (0)

ナルニア国を訪れる価値あり

Img_0921

僕がかなり好きな本屋の一つが
銀座の「ナルニア国」です。
書店名がCSルイスの
「ナルニア国物語」からとられている
(と思う)ように
児童書の専門店です。
もうすこし厳密にいうと
ファンタジーが好きな人向けの書店です。

中心は絵本と童話で
これも内外のすぐれた作品が並びます。
僕じしん
絵本ってすごいと思ったのは
小学校の高学年の時でした。
そのときは
「でも絵本読んでるなんて……」と
引いてしまいました。
いま考えるともったいないことでした。

で、この書店の魅力は
ブラッドベリ「なにかが道をやってくる」
ハインライン「夏への扉」
天沢退二郎「光車よ、まわれ!」といった
すぐれた現代の古典もちゃんと
揃っているところにあります。
教文館の古いビルも趣があって
僕の足はいつも
ここに向いてしまうのでした。


| | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

食欲をそそる集来

Img_0938

大門で地元のサラリーマンに
人気の「集来」の冷やし中華(820円)。
手打ち麺仕様もあります。
ここは偶然見つけたのですが
ビルのビルの間にある立地といい
看板といい
なにかある、とぴんときた店です。
案の定満席。
中華という言葉は
僕は好きではないですが
中華そば屋さんと表現すると
どんなかんじのお店か
もっともよくわかってもらえそうです。
人気はタンメンを手打ち麺でというオーダー
(みたい)。
家族総出で
小学生のお孫さんも
皿洗いのアルバイトに精を出している
その雰囲気もすばらしい。
食欲をそそる風景です。

| | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

カレーの本棚まである

Img_0908

レトルトカレー好きです
東麻布のNISSINでは
こんなふうにアジアのカレーが豊富なので
買ってみます。
これはいまいちでした。
最近は近所である
自由が丘のピーコックに
カレーの本棚が出来て
800円を超えるカレーも出現しています。
街で食べるように高い……
どんな味がするのだろう。
価格からすると代用品とはいえず
街場のカレーと同列に並べて
比較すべきものです。
そのうち買ってみようと思っています。
でもようやく分かったのですが
僕は洋食系のカレーか
インド料理のカレーが一番好きなようです。

| | トラックバック (0)

M1が読まれているらしい

P0047250

朝日新聞&M
BMWが70年代に発表した
スポーツカーM1のことを書きました。
さきほど担当のカガミさんから
ビューがとてもいいですと連絡ありました。
僕はこのクルマ好きなんです。
かなり理知的で
奇想天外なところがないぶん
古びてみえませんねー。


| | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

病みつきになるせんべい

P1530366

いただきものの
桑名「美鹿山荘」のカレーせんべい。
送ってくれたご本人が
「病みつきになる」と書いているだけあって
ほんと大ヒットしたというのも
わかるヤバさです。
カレーとせんべいの
相性はいいみたいで
世の中
いろいろありますが
ここのは揚げせん。
そこに個性があります。
バクバク食べてしまっています。

| | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

風街レジェンドはあっというま

P1530382

久々に
余韻をひきずるコンサートに行きました。
東京国際フォーラムでの
「風街レジェンド2015」です。
松本隆さんの
作詞活動45周年を記念して
2日間だけのコンサート。

松本さんが作詞を担当した
ミュージシャン勢揃いです。
オープニングは
はっぴいえんどで
松本さんがドラムス担当。
フィルインもとても上手でした。

「後で倒れると思う」とは
奥様弁。
それから流行歌歌手と
ナイヤガラの面々がモザイクのように登場です。
僕にとって
おもしろかったが
会場を盛りあげてくれた原田真二氏
ムードメイカーの太田裕美氏
いまもお人形さんのような無表情の斉藤由貴氏
まだまだ現役感のある早見優氏と石川ひとみ氏。
そして泣けたのが
伊藤銀次氏と杉真理氏が
アコギ手に
立ち並んでかっこよくやった
「君は天然色」。

セットリストは下記(だったように思います)
「夏なんです」松本隆・細野晴臣・鈴木茂
「はないちもんめ」松本隆・細野晴臣・鈴木茂
「はいからはくち」松本隆・細野晴臣・鈴木茂・佐野元春
「木綿のハンカチーフ」太田裕美
「てぃーんずぶるーす」原田真二
「タイムトラベル」原田真二
「シンプルラブ」大橋純子
「ペイパームーン」大橋純子
「三枚の写真」石川ひとみ
「東京ららばい」中川翔子
「セクシャルバイオレットNo.1」美勇士
「ハイスクールララバイ」イモ欽トリオ
「赤道小町ドキッ」山下久美子
「誘惑光線・クラッ!」早見優
「風の谷のナウシカ」安田成美
「シューベルト・冬の旅・菩提樹」鈴木准
「同上・辻音楽師」
「君は天然色」伊藤銀次・杉真理
「A面で恋をして」伊藤銀次・杉真理・佐野元春
「バチェラー・ガール」稲垣潤一
「恋するカレン」稲垣潤一
「スローなブギにしてくれ」南佳孝
「ソバカスのある少女」南佳孝・鈴木茂
「砂の女」鈴木茂
「しらけちまうぜ」小坂忠
「流星都市」小坂忠
「Woman〜Wの悲劇」吉田美奈子
「ガラスの林檎」吉田美奈子
「綺麗ア・ラ・モード」中川翔子
「卒業」斉藤由貴
「September」EPO
「さらばシベリア鉄道」太田裕美
「やさしさ紙芝居」水谷豊
「ルビーの指環」寺尾聦
「驟雨の街」松本隆・細野晴臣・鈴木茂
「風をあつめて」松本隆・細野晴臣・鈴木茂とほぼ全員

今日やっていたら
また観に行きたいコンサートでした。
松本隆さんの才能にあらためて感心です。

サンミュージックとか
ジャニーズとかの歌手は出ませんでした。
(そういう問題かどうかわかりませんが)
たしかに松田聖子とか近藤真彦がいたら
よかったでしょう。
でもそれ抜きでもキラ星です。
時代のせいなのでしょうか。
4時間はあっというまでした。

| | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

世田谷美術館で残念だったこと

P1530351

夏休み中に
美術館にと思っても
子ども向けとか
懐古的とか
そんな展示ばかりで
ファインアートには
なかなか親しめません。
どうなっているんだか。

いっぽう
世田谷美術館は
この貴重な(?)時期に
かなり渋い展示。
なぜ今なのかが
全然わからなくて
もったいなかったです。

当時の日本人油絵画家が
セザンヌとかピカソとかミロとかの
影響を受けながら
右往左往していたかんじは
(そこが展示の目的でないにせよ)
よくわかりましたが
テーマの串刺し感が曖昧で
時代の背景の切り取り方に不満を持つ内容でした。

最近は
キュレーターに満足ゆく報酬を払わないとか
美術館のありかたに問題があるとしたら
その象徴になっているといえるかもしれません。

| | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

パパドが好きで好きで

P1530310

またまた行ってしまった
自由が丘の
北インド料理「スパイシア
これはパパド
レンズ豆の粉で作った
薄い揚げせんです。
僕はもうこれが好きで好きで……。
ビールとともに食べると
たまりません。
スパイシアのものもじつに美味。
世の中にパパドがあって
ほんとよかったなあとしみじみです。
この日は
カレーを食べませんでした!
そういうことも可能な
インド料理店です。

| | トラックバック (0)

アウディTTが原点回帰した理由

P1530219

アウディTT3代目の発表会が
東京タワーの近くでありました。
新型は2リッターで169kWのTTには
前輪駆動(532万円)とクワトロ(589万円)があり
ボディはクーペとロードスター(605万円)。
クーペには
210kWのTTS(768万円)の設定もあります。
少しだけ小さくなって
「初代へ回帰した」と
かつて欧州の自動車ショーでの発表会で
アウディの役員は語っていました。

軽くして小さくして
馬力は上げて
スポーツカーとしての性能強化が
強調されていました。

ヘッドランプは
デイタイムラニングライトが
縦の直線を強調したもの。
いまはルマンなどWECで走っている
R18もこのタイプの
ラニングライトを採用しています。

Ttc140146_small


| | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

五輪エンブレムと柏木さん

Img_0895

五輪エンブレム問題
世間での騒ぎをよそに
いま大きなポスターが
都内各所に貼ってありますなあ。

僕は先日朝日新聞に
柏木博さんが寄せたコメント
エンブレムとロゴは
一見よく似ているが
全く異なるデザイン。
盗用ではない。というのがおもしろかった。

いま世間では
ムードも暗いし
誰かを悪人に仕立てたいのだろうけれど
くだらない。
むしろこのエンブレムの問題は
デザインが全然よくない、という
一言に集約されるだけですね。

ちょっとケチがついたので
もっといいデザインに見直せばいいと
思います。
そうすれば
みんなハッピーになるでしょう。

| | トラックバック (0)

目黒のバナナミルクジュース

Img_0899

目黒「果実園」で
バナナミルクジュース。
打ち合わせでしたが。
ものすごい混んでいて
接客はまったく
追いついていません。
客が順番待ちしているときの
声がけなんてなし。
注文をとりにくるのも
ずっと時間がたってから。
それだけ忙しいわけです。
厨房もおそらく
フルーツを刻んだりするのが
かなり手間でしょう。
ジュースが出てくるのも
かなり待つ必要があります。
すごいなあと思います。
以前ここにあった
「ウェスト」懐かしい派ですが。


| | トラックバック (0)

神南カリーの不思議なところ

Img_0894

渋谷の「神南カリー」は
けっこういい線いっているように思います。
少なくとも
この「神南欧風カリー」はいまのところ
趣味に合っています。
若い女性が店にいて
なんとなく覇気にとぼしい気がするのが
カレー屋さんとしては
気になりますが。
文化あるところにカレーあり
という説が本当なら
(いま僕が作った)
bunkamuraの前に
神南カリーは正しい組み合わせです。
ここ中野にもお店があって
店名は同じなのですよね。
そこだけ不思議。


| | トラックバック (0)

シビックのコマソンの意味は

Am198309_cvc332_01002h_2

朝日新聞「&M」の連載で
ワンダーシビックについて書いています。
ワンダーシビック
出た時は新鮮でした。
それと今回
記事を書くまで知らなかったのですが
あのときのコマソン
「What a Wonderful World」って
ベトナム戦争の反戦歌だったそうで。
いまって反戦歌
ぜんぜん耳ににしていない。
歌の力が必要な時代になっているかも
しれません。
話が飛びましたが
そんなふうに思っています。

Img_0890


| | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

ひかり商店街で学んだことは

Img_0803

今日はかなりドタバタしていました。
自由が丘駅前の
ひかり商店街
こういう時癒やされます。
地下の用品店街
いつも混んでいます。
こういうものでいいんだと
感心します。
マーケティングの難しさ
理解できる場所です。


| | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

ウィーナーシュニッツェル

P1520984

某誌編集部K氏と打ち合わせ。
久しぶりに
僕が好きな
青山「ラントマン」です。
ウィーナーシュニッツェル
油がいいので
もたれません。
今回は少し薄すぎ?という気も。
メニューも簡略化されていました。
でも客の数は多くて
ほぼ満席状態。
まだ暑くてテラス席を使う気になれませんが
ここは夜も気持ちいい場所です。
あまり知られていない
(と勝手に思っている)レストランです。

| | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

ベアバーガー

P1520975

自由が丘
トゥモローランドの敷地内に出来た
アメリカからのベアバーガー。
タマネギがたくさん入った
ブラウンソースが特徴です。
いま恵比寿・鎗が崎の交差点ちかくにも
開業準備中のようです。
(なんだかベアバーガー探偵みたいになっている)
ハンバーガー
僕はオーストラリアで食べるものは
ハズレがなかったように
記憶しています。
しかも安かった。
日本はやはり利益率を考えると
高級志向が強いようです。
一瞬にして食べ終わるのが
さびしいのですが。

| | トラックバック (0)

ゴニル氏に焦る

P1510894

韓国の
ボーカルダンスグループ
超新星のラップ担当
ゴニル氏です。
GQ ウェブで
話を聞きました。
ゴニル氏
まだ20代
でも考え方はじつにしっかりしています。
ビジネスマンです。
しかも日本語もぺらぺら。
こういう才能を見ると
日本マズいなあと
なんとなく焦ります。

| | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

千住さんは世界表現をしている

P1520225

GQのウェブサイトで
千住博さんのインタビューをしています。
とくにおもしろかったのは
アートを作るというのは
自己表現でなく
「世界表現」だという発言でした。
たとえば
ジョン・レノンが
自分の代わりに歌ってくれていると
みんなが思ったから
労働者階級の英雄になったわけで
絵でも
そういう意識を持って制作するのが
とても大事だと千住さん。
なるほどと思わせる一言です。

| | トラックバック (0)

レスポールとサンバーストとスピーカー

Img_0845

個人的に
アナログオーディオが
マイブームになっております。
そうしたなか
このあいだふらりと入った
ショップで見つけたのが
ギブソンの
レスポールをテーマにしたという
アクティブスピーカー。
僕などには
このサンバースト加工された正面は
ネットで隠されている
表あって同時に裏である外板です。
なのでスピーカーがいろいろ
むきだしというのは
違和感がありますが
でもなんだか魅力も感じます。
ギターのトップで有名な
このカラースキームは
1920年代には登場しています。
レスポールモデルでは
(意外にも)不評だったようですが
いまはサンバーストがいやという人は
いませんね。

| | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

プロはどこへ?

P1520981

また原油安で
ガソリン等の価格が下がっています。
うちの近所では
ディーゼルがついに2ケタ台。
ほっとします。
でも燃費がよくなって
燃料も売れなくなり
ガソリンスタンド
廃業が増えているようで
困ります。
ただ無人はどうかなー。
昔はガソリンスタンドに行くと
ベテランがいて
ちょっとした修理は
すぐやってくれたものです。
ハンガーを壊して
配線してくれたり
(抵抗値のこととかも
知っていたり)。
ああいうプロが
街からいなくなってしまいました。

| | トラックバック (0)

ベイカーバウンスで知ることは

P1530024

このところ
ハンバーガーのことばかり
書いているような気がします。
このあいだは
ベイカーバウンスでハンバーガー。
いわゆるグルメバーガーの走りですね。
バンズはいまいちなのですが
こういうところは
アメリカっぽいです。
ソースもないのが
僕の好きなところ。
やっぱりパテをおいしく食べるものという
ハンバーガーの原点を知らされます。

| | トラックバック (0)

pop barの新しさ

P1530106

世間では
「高級」アイスキャンディが流行りのようです。
青山の「pop bar」も
1本500円のアイスキャンディで
人気の店です。
アイスキャンディといっても
氷っぽいものでなく
アイスクリームと
キャンディの間のような
食感も新しい点。
あとは
差異を出そうとするあまり
どんどん奇異な方向へ
走ってしまいがちな
フレーバーをどうするかでしょうか。
ところで
お盆の時は
すずしく過ごしやすいなあと
つくづく思います。


| | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

ビールとコミュニケーション

Img_0827

Today's Specialにあるのは
いっぷう変わったクラフト系ビールばかり。
風味もテイストも独特です。
欲しいのは
なぜこのビールを選んだかという
ゲストとの
コミュニケーションでした。
なにはともあれ
冷えたビール飲みたい……!

| | トラックバック (0)

Today's Specialで男は

Img_0825

友人のタイチくんたちと
自由が丘の
Today's Specialに。
女性だけのグループで
ほぼ満席状態でした。
男たちはどこに?

| | トラックバック (0)

京橋のむじなそば

Img_0843

京橋でつい足が向く
「そばよし」。
きつねとたぬきの
「むじな」そば。
つゆの甘さが抑えられていれば
最高なのですが。
問題は刻みネギです。
昔は取り放題
やがて
「傍若無人にたくさん取る人がいるから」と
店側でサービスするように。
その量がどんどん減っています涙。
外国人の店員さん
ふだんはやる気を見せないのに
量のケチり方だけは
経営者の見方(苦笑)。
我われは友人ですよー。

| | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

ハンバーガーで大事なものは

P1490836

ハンバーガーに何を入れるか。
納豆に何を入れるかみたいな
非常に個人による
バラエティが豊かな課題です。

上は前に英国の
BBQで作った
マイバーガー。
僕は
パテとバンズが合っていれば
あとはタマネギと
ちょこっとバターと
マスタードでOKです。

P1520965

対してこれは
このあいだ食べた
モスバーガー。
ここはソースたっぷりバーガーの
走りですね。

でも日本のバーガー
ソースがおいしいところは
なかなかありません。
KFCの
チキンカツバーガーも
タルタルソースがないといいのに、と
思います。
(バーガーはまだ食べていません)
ソースは
パテをおいしくするためのものと
考えているバーガー屋とは
そこに一線が引かれています。

| | トラックバック (0)

フォーバレルの「顔」とは

P1520980

友人のタイチくんが
ベイエリアからのおみやげで
持ってきてくれた
「フォーバレル」のコーヒー豆。

帰国する前の日に
ローストしてもらったと
細やかな心遣い。
サードウェイブコーヒーを代表する同店
豆もシングルエステートで
浅煎りでなど
こだわりをみせます。

酸味がしっかりきいた
キャラクターのたった味。
これが自分たちの「顔」という
意識をもって
この豆を売っているかんじです。
いいことです。

| | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

自由が丘の北インド料理

P1520974

友人が自由が丘に
北インド料理店
スパイシア」を開きました。

前は下北沢にあったお店で
店内は清潔で
クリーンで
オーナーの美意識が
端的に表れています。

いっぽう
タンドーリ窯が
もっとも目につくところに
設置されて
料理が出来上がっていくのを
目のあたりにする楽しみも。

ランチは3種類あって
僕は真ん中のカレー2種
(チキンとマトン)のコースを。
右端のライタ
(ヨーグルト)を追加しました。
すばらしく美味なナンも
僕の大好物です。

P1520969


| | トラックバック (0)

チャイ好きなもので

Img_0782

僕がインド料理屋で
最後に必ず頼むのは
ミルクティーであるチャイ。
最近は
「ホットですか?
アイスですか?」と訊かれることもあって
驚きます。
インド人は
体温より低い温度の液体は飲まないはずだから。

写真のは
「エリックサウス」のもの。
アジャンタのように
二つの器から交互に
液体を入れ替えて
泡立てるとともに
(写真のものは
すでに泡だっていますが)
温度を冷まして飲みます。
おいしいんですよー。

| | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

都道府県の魅力

Img_0816

永田町の
地下鉄の駅は
紀尾井町あたりから入ると
都道府県会館の中を
通過していくことになります。

ここは
各県の
観光誘致のポスターが並んでいて
じつに楽しい通路です。
上は愛知県。
モデルの魅力でひっぱっています。

でも鵜飼いは
岐阜というイメージでしたが
愛知だったんですね。
むかし見たことがありますが
鮎おいしくなかったなあと印象。
と、足をひっぱってはかわいそうですね。

印象に走る県
具体的なイメージを追求する県
いろいろで
見ものです。

Img_0818

三重は
サミットとありますが
一般客には関係ありませんネ。
でもアマンも出来る予定なので
三重は観光客誘致が
これからどんどんやすくなるかもしれません。

| | トラックバック (0)

四川飯店の陳麻婆豆腐

Img_0810

永田町の
四川飯店で
高校時代の同級生と会食でした。

選んだのは
なんと注文し放題コース。
おっさんたちは
食べる食べる。
最後に
「食べることに追われて
酒を飲むのを忘れていた!」となりました。

| | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

プリン体と戦うヨーグルト

Img_0801

知人の事務所で
出された
明治の
プロビオヨーグルトPA3
「乳酸菌ライブラリーの中から
プリン体への可能性に着目して
選び抜いたPA-3乳酸菌を配合しています」と
ホームページにあります。
味も悪くありません。
隣りの人が
「多いなあ」とつぶやきながら
飲んでいるので
”たかだか112mlで……”と思っていたら
その人のところには
2本おかれていて
それを律儀にも
飲み干しているのでした。
かえってからだに悪い?


| | トラックバック (0)

個性あるビール

Img_0789

今年は暑かったせいで
例年になくビールをよく飲みました。
家でも外でも。
このメキシコのビールは
独特のフレーバー。
好きになれませんでした。
しかし僕はそういうふうに
個性があるものに惹かれるようで
また試してみようかなと
思い始めているのでした。

| | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

驚く握り

P1500528

こちら
やはりPENで取材させていただいた
「弁天山美家古寿司」の握り。
内田親方による寿司は
料理に馴れたカメラマンをして
「すごい!」とうならせました。

飯を握ってから
3秒以下で客の前に
出すのが大事というのが
親方の考えですが
それなのに
飯粒の方向が
きれいに揃っています。

P1500523

こういうのが
本当の名職人なのだなあと
あらためて感心です。
親方には
このほかにも
「料理屋は行きつけを決めるのが大事。
寿司屋はせいぜい3軒に」なども
以前教わったことです。


| | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

青山の美しい寿司

P1500907

いま出ているPENで
寿司屋さんの取材を担当しました。
こちら青山一丁目駅すぐ近くの
「匠(たくみ)進吾」。

店名から推測できるように
すし匠出身です。
寿司もこんなふうに美しい出来。

P1500915_2

僕は頼みませんが
なかには
「変わり寿司を」と言うお客もいるようで
そういうときには
このあん肝にスイカの奈良漬けのスライスを載せたり。
いや
これがけっこううまいのです。

「でもやっぱり
変わり寿司ばっかりというのは
どうかなと思いますね」とご主人。
寿司はいろいろな可能性がある食べ物だと
よーくわかります。

| | トラックバック (0)

なくなるとまずいもの

P1510319

このあいだ
見かけた
B&OのA2です。
ブルートゥースのスピーカー。
横にiPhoneとか置いて使います。
ずっしりした質感。
質感はB&Oの肝ですね。

ホームページを観ると
コートハンガーに
架けてある画像が出ています。
かなり雰囲気がでています。
使っているときより
かっこいい。

海外では高級オーディオが
いまもたくさん出ています。
マーケットがちゃんとあるんでしょう。
スポーツカーと一緒で
こういうのがなくなると
まずいと思います。


| | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

しぶすぎる家の光

P1520233

市ヶ谷の
家の光会館併設の
レストランにて。
お茶飲んで打ち合わせのために
入りました。
昼のお弁当箱が
窓際に並べられていて
とても客を入れる雰囲気でないのですが
ふつうに入れてしまっています。
しぶすぎる!

家の光(協会)とは
JAグループにおいて
文化・出版事業を担当する社団法人。
知人で仕事をしている
カメラマンとかいますが
今回一緒だった人たちは
「なんですか、家の光って?」と
引き気味。
やっぱりこの名前
時代に即さなくなっているんでしょうか。

| | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

有楽町の船

P1520953

いまだに新鮮なのが
東京国際フォーラム。
米国のラファエル・ビニオリの設計です。
設計意図は「船」とは
以前から聞いていましたが
似ているとか
似ていないはともかく
96年竣工でも
経年変化を感じさせず
威容を保っていると思います。

船っていえば
パリのシャルルドゴール空港に
隣接したシェラトン
(Aプットマン設計)もまんま船。
パリがガリオン船にたとえられているからでしょうか。
建築家は船が好きなモチーフなんですね。

| | トラックバック (0)

トナリのタンメン

P1520954

TOKIA内「トナリ」の
タンメンです。
ランチタイムは長蛇の列で
30分以上待ちなので
空いてからでないと入れません。
ここは優秀です。
TOKIAの飲食店は
どこもかなり優秀です。
JR(アトレ)にはこういうこと
出来ないんですよねえ。

| | トラックバック (0)

東京で最も美しい場所

P1520958

東京で
数少ない?美しい緑が
二重橋前でしょう。
松の木も
芝生もきれいに手入れされています。

いまはさすがに暑いでしょうが
それでも
ここでくつろいでいる人が
少なからずいるのは
納得です。

司馬遼太郎の本で
明治維新があったとき
突然地方の美しい景観が荒れ出したという
記述がありました。
幕府が景観保護にも
金を使っていたということでした。
そんなことをふと思い出しました。

でも願わくば
すべての緑がこうだといいですね。
もっとも目に余るのは
高速道路の分離帯と路側帯に
生い茂った雑草の姿です。
まあしようがないか。

| | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

パサートについて語っています

P1510969

フォルクスワーゲン新型パサートの
取材を受けました。
一般に見られるのかな?
こんなかんじで出ています。
パサート
劇的によくなりました。
たしか先代は
その前の世代からの
プラットフォームの流用だから
今回は一足飛びの進化です。

| | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

どっちが取材中

P1510905

徳井義実さん取材中。
というか徳井さんが
レンジローバー取材中?
GQのウェブサイトの取材でした。

| | トラックバック (0)

決めている駐車場

P1520555

たかが駐車場ですが
好き嫌いがある場所です。
僕が気に入っているところの
ひとつが
銀座一丁目の地下駐車場。
大きくないですが
駐めやすく
係のひととのコミュニケーションも
悪くありません。
昔から変わらずここにあって
僕は銀座一丁目のほうで
用事があるときは
ここなのです。


| | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

デリーが一番だと思っています

Img_0767

僕が好きなカレーはたくさんありますが
(むしろ嫌いなところが少ない)
そのうちの一つが「デリー」です。
写真は辛さが最も
低いデリーカレーですが
辛さはここのおいしさの
本質的な部分ではありません。

インドの本場のカレーとは
違うかもしれませんが
味の深みの出し方と
どこの店でも同じ味
(プレゼンテーションはだいぶ違いますが)
そこがすごいところです。
レトルトでもおいしい。
数すくない店です。


| | トラックバック (0)

フォルクスワーゲンにびっくり

P1510650

フォルクスワーゲングループジャパンの
庄司茂代表取締役社長が
7月31日付けで退任したという
ニュースにびっくり。
上半期の売り上げで
前年同期比を下回った責任で?
そういうこともあるだろうと
僕なんかは思うのですが……。
めまぐるしい人事は
あまりいいことないですね。
後任はシュタイン代表取締役副社長だそうです。


| | トラックバック (0)

魂銅器の背景にあるもの

P1520349

「槌起銅器」で知られる
燕三条の玉川堂。
これまでも
シャンパンメーカー
クリュッグのために
すごいカーブの
クーラーを手がけたりしています。

このあいだ
僕が見せてもらったのは
マツダとのコラボレーションです。
4月にミラノデザインウィークの際
ブレラでマツダが開いた展示に
魂銅器なる作品も出展していました。
マツダのデザインコンセプト
「魂動(こどう)」とかけたネーミングです。

広報のイシザカさんが
いろいろ説明してくれて
感心しました。
手前は平たい円盤を
叩いていって
酒器(かな?)にしたもの。

中央が槌の反対側にあてて
カーブを作るための道具。
奥はマツダデザイン部による
カーブと塗色のサンプルです。
同じ色でも
吹きつけ方で
まったく違う塗色になるという見本で
モノづくりの深さがよく分かりました。

| | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

休みが許されないって

P1520810

八重洲地下街は
マニアックな店もあり
僕が好きな場所です。
ぐるぐる回っていても
けっこう飽きません。

そこで人気の南インド料理レストラン
「エリックサウス」に取材で
出かけました。
ランチのあとはディナータイムで
休業が許されない
(お客はいなくても)のが
大変そうです。

| | トラックバック (0)

アニベルセルの鯛

P1520668

アニベルセル豊洲での
ランチです。
洋風でなく
和風。
鯛の粕漬け
茶碗蒸し
ご飯。
鯛が硬くなってしまっていたのが
残念です。
それと皿の選び方。
もうすこし和風にすると
おいしさのイメージがぐっとふくらむような。

| | トラックバック (0)

エモーショナルなシエンタ

P1520670

トヨタ・シエンタの試乗会がありました。
小さいボディながら
7人乗りのパッケージングをもち
四角いミニバンと違って
エモーショナルなスタイルを特徴とするシエンタ。

2代目になって
ハイブリッド版も登場しました。
意外といってはなんですが
よく走ります。
感心。
場所はアニベルセル豊洲。
行き帰りは猛烈な暑さに
頭がくらくらしました。


| | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

自由が丘では盆踊りが

P1520832

自由が丘で4日間
開かれている
盆踊り
今日は2日目。
21時まで通行止めになって
不便なことおびただしい。

僕はやや否定派です。
炭坑節とか
かかっちゃっているけれど
炭坑節って……。
もうすこし今っぽくて
明るい
リズミカルな曲ないんですかね。
サンバとかでもいいから。


| | トラックバック (0)

ドミニクの秘密の部屋

P1520557

銀座一丁目「レンガ通り」に
オープンしたフランス料理店
「ドミニク・ブシェ・トーキョー」
ワインセラーを使った秘密の部屋があります。

料理は銀座あずま通りにあったときと
少し違っていて
より創意工夫のある楽しいものへと
”進化”しています。

オープンしたてなので
昼(8500円)も
夜(20000円)もコースのみですが
そのうちアラカルトも。
ファンの多い牛テールの煮込みなども
出していくよとのことでした。

| | トラックバック (0)

オールトラックの魅力

P1520435

ルノーの撮影のあとは
御殿場まで走り
ゴルフに追加された
4WDのゴルフオールトラックの試乗でした。

オンデマンド型の4WDシステムなので
カーブでもくいくい曲がるし
重いかんじはあまりありません。
エンジンは新開発の1.8リッター
トルクがいっぱいあって
走りやすいクルマです。

| | トラックバック (0)

八芳園でルノー

P1520371

八芳園で
ルノーの撮影立ち会いです。
SUV感覚のハッチバックで
本国でベストセラーの
キャプチャー。
最近カンヌ映画祭公式車両提供
30周年を記念した
特別限定モデルも出ました。
この日はニキータの女優
アンヌ・パリローのインタビュー。
自然体のいい人でした。

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »