« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

クロスup!はいいと思いませんか

P1520537

この魅力的なコンパクトカーは
フォルクスワーゲンのクロスup!
ファンが注目していた
SUV仕立て(前輪駆動だし車高も不変)の
キュートなモデルです。

試乗会場に飾ってありました。
まもなく日本市場に導入されるそうです。
ライバルはフィアットパンダという
日本ではかなりマイナー車種のようで
つまりライバルはほぼ皆無という
ユニークなコンセプトなのです。

P1520544

内装も雰囲気がよくて
これこそ現代の「ワーゲン」
つまりゴキゲンワーゲンでしょう。
ギアボックスが
DSG(ツインクラッチ)か
マニュアルになるということないのですが……。

| | トラックバック (0)

箱根のマイクロウェザー

P1520540

箱根の試乗会は
晴れていたかと思うと
一天にわかにかきくもり……
大雨になるというものでした。

このところ連続して
箱根に行っていますが
とくに御殿場ICのあたりの
天気が不安定なように思います。
フォルクスワーゲンジャパンの広報部も
そんなかんじですよねと言っていました。

こういうマイクロウェザーの差が
ここで大きいのは
大涌谷の噴火兆候による
地熱のせいではなんて
しろうと考えをしてしまいます。

子どものとき
雨の境って
どうなっているんだろうと思っていましたが
最近の箱根ではそれがよくわかります。
これから雨雲の下に入るぞとか
さあ抜けるぞとか。
不思議な天気です。

| | トラックバック (0)

箱根の定食

P1520535

三度この投稿です。
御殿場ICそば
「ミュゼ御殿場」のランチです。
前菜からメインまで
普通に食べたら
アンティパストが6皿ぶんぐらいの種類
プリモ
セコンドというフルコースが一皿です。

ただしこのあいだは
メインはラムでしたが
今回は鴨でした。
パスタは毎回ボッタルガ。
悪くないですが
1週間に一度ってかんじで食べているので
少し変わると嬉しいなと
わがままなことを思ったりしました。

| | トラックバック (0)

ゴキゲンワーゲンなのです

P1520533

僕はこの
「ゴキゲン ワーゲン」というコピー
気に入っています。
これは
箱根でのゴルフオールトラックの
試乗会場にて。
コースターが用意されていました。

| | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

ミッドタウンに戻る理由

P1520340

このあいだ
ミッドタウンを横切ったら
ラムで知られるバカルディが
ミッドパークカフェを開いていました。

これは台風でレセプションが
中心になったあれだ!と
すぐわかりました。
今回は多少暑いとはいえ
夕暮れの光のなかで
芝生を使ったバーは
気持ちよさげに見えました。

今度はここに戻ってこよう!と決心(笑)しました。

| | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

なんにでも合う食中酒

Img_0770

焼き鳥とか焼肉の
食中酒として
僕が好きなのは
ブレンデッドウィスキーのソーダ割り。
いわゆるハイボールです。

すっきりしていて
ビールとは違う味わいで
夏にもぴったりの飲みものです。
なんにでも合います。
味が深まるということはありませんが。

米国では普通にオーダーできますが
英国でオーダーしたときは
「なぜ食事とウィスキーを?」と
ウェイターに食い下がられました。
おかしかったです。
スコットランドの名物料理
ハギスには
ウィスキー入れるんですが。
いろいろなこだわりがあるということでしょうか。

| | トラックバック (0)

酉玉で無茶なオーダー

Img_0768

白金「酉玉」です。
内藏は避けて適当に、という
やりにくい
お店の個性を無視したオーダーですみません。
それでも
初めて食べた部位とかあってびっくり。
おいしい。
というか深い、というか。

| | トラックバック (0)

テイスティングの課題

P1520329

赤坂で
ワインのテイスティング会でした。
久しぶりにやりましたが
おもしろいものです。
ほんとに個性ゆたか。
テイスティングだと
途中で飽きるとかは
よくわからないのですが
プロはわかるのかな。
それが僕の課題です。

| | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

カレーかスパゲティか

P1520327

映画を観たので
近くのビストロでランチ。
ネルズキッチンは
GQ編集部のそばでもあるので
時どき訪れるところです。
女子率が高いせいか
このチキンカレー(1000円)も
ポーションは上品です。
スパゲティにもなるのですが
ソースの粘度を変えないので
ライスで食べたほうが
おいしいです。
ちょっとした手間で
食事の評判って変わるんですが……。

| | トラックバック (0)

ポランスキとスチュワート

P1520323

いま渋谷「イメージフォーラム」で
ロマン・ポランスキが
往年のグランプリドライバー
ジャッキー・スチュワートを題材に
1971年のモナコGPを撮った
「ウィークエンド(オブ・ア)チャンピオン」
上映中です。

そもそも友人同士(どうやって友人になったんだろう)という
二人で
映画は作品というより記録のように
淡々と進行します。
でもスチュワートが
当時ティレルのチームメイトだった
フランソワ・セベールに
モナコの公道コースでの
各カーブでのギアの選び方を
教えるシーンなど
興味ぶかい映像もちゃんとあります。

このフィルムは
紛失したということになっていたのが
見つかったものだそうで
最後には
現在のポランスキとスチュワートが
登場して
対談しています。
それもなかなか一聴の価値あります。

それにしても邦題。
ウィークエンド・チャンピオンと
原題の
Weekend of a Championでは
だいぶ意味が変わってきます。
略したかったら
ウィーチャンにしたほうが
まだマシかもしれませんよ。

| | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

キューバンサンドイッチ

P1520223

キューバンサンドイッチです。
ローストポークを主体に
ロースハムや
ピックルスが入っています。
これは先日
「アメリカンクラブ」でごちそうになったもので
ローストポークが味わいぶかく美味でした。
パンがやわらかいのですが
パンを選ぶとさらにおいしくなりそう。
サンドイッチは世のなかに数あれど
日本ではまだまだ戦前で
止まっているかんじです。
世界の潮流からは
完全にはずれてますな。


| | トラックバック (0)

アートを探して

P1520220

美術関係の書籍を求めて
六本木かいわいでうろうろ
このミュージアムショップにいけば、と
気がつき
六本木ヒルズの
森アーツセンターへ。
しかし
こういうものしかありませんでした。
アートは商品?

| | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

クラシックだったトリアノン

P1520257

親戚の法事でした。
そのあと
グランドプリンス高輪の
トリアノンで会食。
クラシックな料理のオンパレードです。
これは肉料理のステーキ
(ポワレ)
上にやはりポワレした
フォアグラが載っています。
フォアグラは残酷だから食べるのをやめようという
団体もchange. orgで
一所懸命活動している昨今
無目的的に?フォアグラを食べるのは
少なくとも止めたほうがいいと
僕も思います。

| | トラックバック (0)

千住家で見つけた

P1520227

取材でお邪魔した
千住博さんのお宅で
デスクにいっぱい置いてあった
謎の物体?
これなんですかとよくよく見たら
ボールペン用のグリップ。
ニューヨークから大量に
持ってきているとのこと。
「使ってみてください」と貰いました。
たしかにインタビューを
メモしていると
手が痛くなります。
書痙を防止するための
このグリップ
使うことにします。


| | トラックバック (0)

勝負かけてほしいカレー

P1440145

ときどき無性に食べたくなる、という
表現があるけれど
僕はこれ
「TOPS」のドライカレーです。
スパイスはあまり使っていないと思うのですが
適度な甘さが絶妙。
いまの若いひとが初めて食べても
おいしいと思えるのでは。
TOPSはビルの中というのが
雰囲気がいまひとつで
難点ですが
ここはいまいちど勝負をかけてほしい。
その価値がある味だと思います。

| | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

好きな担々麺は

P1460356

UOMO誌でとりあげた
もうひとつの辛い麺は
Wakiyaトゥーランドット臥龍居の
担々麺。
3種が同時にオーダーできます。
これはオーソドックスで
もっとも麻も辣も聞いているもの。
僕は胡麻風味の担々麺が
とりわけ好みです。

| | トラックバック (0)

XEのためのデザート

P1520215

ジャガーXEの試乗会で
ランチの最後に
こんなデザートが。
洒落ています。
上に載せられた
チョコレートのガーニッシュ
9時方向の1本がなければ
XEのモノグラムになったかも!
って、よけいなお世話ですか。

| | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

変えてもらいたいメニュー

P1520213

ジャガーの試乗会が開かれた
ミュゼ御殿場での
得意?の究極のワンプレートです。
パスタのゆで加減とか
牛肉(わかりますか?)のマリネの仕方とか
悪くないのですが……。
究極?の要望は
前回のアウディの時と
メニューを少し
変えてもらいたかったなということでした(笑)

| | トラックバック (0)

スパイラルのルールって

P1520216

青山スパイラルカフェで
打ち合わせです。
ここだけは
変わらず健在です。
その理由として
考えられるのが
いまとなってはありえないような
全席喫煙化のルールかもしれません。
これは変えたほうがいいと思います。
ぜひとも。

| | トラックバック (0)

唇が痛くなるラーメンって

P1460336

蒙古タンメン中本(目黒)の
野菜味噌炒め。
自販機で前払いの券を買おうとしていたら
「すごい辛いですよ(止めたほうが)」と
店員に警告されたいわくつきです。

これをUOMOの今月号で取材しました。
小宮山雄飛氏の推薦です。
はたして僕はとても
全部食べられませんでした。
というか
かなり残しました。
もったいない。
ごめんなさい。

一口食べると
トウガラシで唇が痛くなってきます。
小宮山さんは
これをさらに辛くしてオーダーしているようです。
訓練しました(笑)とのことですが
たいしたものだと
あらためて感心しました。

看板の蒙古タンメンも
僕には十分すぎる辛さですが
辛くないメニューもありますよと
お店ではちゃんと推薦してくれます。
人間の食に対する探究心
まことに深淵です。


| | トラックバック (0)

雨の中のジャガーXE

P1520136

雨の箱根で
ジャガーカーズのニューモデル
ジャガーXEの試乗会でした。

軽量ボディに
スポーティなハンドリング
それにベーシックモデル(477万円)から
すべての車両に
アクティブクルーズコントロールをはじめ
自動安全装備がフルで標準装備。

エンジンラインナップを取り揃えているのが
ジャガーらしく
2リッター(200ps)
2リッター(240ps)
3リッターV6(340ps)

加えて
ディーゼルエンジンモデルも
追って導入されます。
(すでに価格も発表済み)


| | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

銀座でTボーン

P1520036

銀座三丁目で
話題になっている
肉料理中心のイタリア料理。
パスタも少しだけ
メニューにありますが
誰も頼んでいない模様(笑)

難点はサービスの目配りが
まだまだなのと
たまたまでしょうが
僕たちのテーブルの隣が
やたらうるさい
男女6人組だったこと。

寿司屋ならつまみ出されますよ。
これをうまくコントロールするのも
サービスのお仕事。
サービスは大変です。
でもお店の最も重要なポジションです。


| | トラックバック (0)

いろいろあるけれどここに

P1510875

上野毛駅そばの
サンドイッチ専門店
「アンクルサムズ」の
ハム&チーズ。
昔からの店です。

パンが厚すぎるなあとか
ハムのクオリティ見直してもいいのではとか
チーズはアメリカっぽすぎるかなとか
マヨネーズのようなソースが重いなとか
いろいろ言いたいこともあるのですが
時々足が向いてしまいます。


| | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

炎天下ですがいいクルマでした

P1510973

朝はVWパサートの取材
(を受けていました)。
梅雨明けの炎天下で
強すぎる太陽光線に
写真家のひとは戸惑っていました。
それぐらい強い光だったのです。

新型パサート
日本で初めて乗りました。
海外の印象と同じで
いいクルマです。
しっとりしていて
静かで
乗り心地がよくて
ハンドリングもみごと。


| | トラックバック (0)

小山さんのすごい情報網

P1520026

小山薫堂さんのところで
打ち合わせです。
スガラボ
まだ行っていない。
明日1席あるのでどうですか?と
いうことだったのですが……。

小山さん
このあいだ僕が仙台の
「黒木」に行ったことをご存知でした。
すごい情報網。

| | トラックバック (0)

ロイホで変わったものと変わらないもの

P1520025

時間が余ってしまったときは
マックより
スタバより
ロイヤルホストが
居心地がいいものです。

この
カシミールビーフカレーは
1983年に登場して
以来人気メニューだそうです。
もちろん僕も好きなのですが
ちょっと味が変わりました。
というかそういう印象です。

自分の舌も変わっているし
味も時代に合わせて変わっているのでしょう(おそらく)。
それと
ロイヤルホストの接客
(とくに言葉遣い)が変わりました。

航空会社のカウンターのようだという
印象を受けました。
誰かが変えたのでしょう。
少人数できりきり舞しているのは
変わらず。
それはかわいそうですが。


| | トラックバック (0)

クルマ技術の進化

P1520029

連日ものすごい暑さで
クルマがぶっ壊れるのではと
久しぶりに思ったほどです。
いつからか
クルマはオーバーヒートしなくなりました。
80年代は
こんな日はクルマに乗るのはやめようと
思ったものですが。
クルマの技術は
自然を克服したのですね。

| | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

そばとの出合いは難しい

Img_0758

わが家から
バスで二子玉川までは
10分強なのですが
そのとき必ず目に入っていた
上野毛駅そばのそば屋さんがあります。

このあいだ
ついに行きました!
しかし結果はちょっとがっかりです。
そばはつなぎの小麦粉のせいか
やたら硬いだけ。
天ぷらはコーンスターチの量のせいか
カチカチで
箸で切るのにひと苦労。

おいしいそばに
偶然出合うのは
なかなか難しいものです。


| | トラックバック (0)

スタジオでやっていることは

P1510879

スタジオにいるときは
食べることばかりです。
インタースタジオでの
おやつ?はおにぎり。
ちょっと味が濃いのですが
ぱくぱく食べてました。
米食べすぎてはいかん……と思いながら。

| | トラックバック (0)

お弁当で大事なもの

P1510916

GQの撮影中の弁当。
からあげにとんかつ。
キャベツがおいしければ
悪くないのだけれど。
あとは柴漬け。
漬け物がおいしい弁当
めったにないけれど
じつは大事な要素ですね。

| | トラックバック (0)

AMG GT Sでした

P1510837

休みはGQのために
このクルマの撮影でした。
AMG GT S。
4リッターV8エンジン搭載の
後輪駆動の2人乗り。

GT(1580m万円)が340kW、600Nmなのに対して
このGT S(1840万円)は375kW、650Nmと
超ド級です。

操縦感覚はAMGですから
意外に楽ちん。
C(コンフォート)と
S(スポーツ)を
ドライブモードセレクターで選んでいるかぎり
むしろコーベットにどこか近いような
トルキーなドライブ感覚は
気持ちいいものです。

しかし速い……。
しかもやたら目立つ。
色もあるでしょうが
しょっちゅう振り返られました。


| | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

チャーシューもいいし

Img_0752

ジャーナリスト仲間の
クッシーに連れていってもらった
目黒区八雲の中国料理
「薔薇果(ローズヒップ)」
写真はチャーシューですが
店内にはスパイスがずらりと並んでいて
火鍋用だそうですが壮観。

冬が楽しみです。
フカヒレはアオザメやヨシキリから
ホオジロやシュモクまで
10種類ぐらい。
はっきり聴いていなかったのを
反省していますが
客は茶色になったのを
嫌がるので
半生状態で仕入れているため
予約制だそうです。

乾燥(つまり茶色)だって
戻す技術がちゃんとしていれば
十分おいしいですよ。
というか
本来はそういうものですから。
いろいろな嗜好がありますね。


| | トラックバック (0)

マタカナをメルシオールで

P1510616

ニュージーランドの自然派
プロビダンスのシラー
ワカヌイでふんだんに飲ませてもらいました。
やったー!

マタカナという銘柄で
2002年のもの。
オーナーのジェイムズ・ブルティッチ氏が
いわゆるメルシオールと呼ばれる
18リッター壜とともに来日していました。

ご存知のように
ワインの熟成には
ボトルが大きければ大きいほどよいというのが
ファンの”常識”。
僕なんかふつうに飲んだら
シラーとは当てられないほど
独特のまったり感がなく
すらーっとした飲み口でした。

これボトルで買ったら
クルマ1台分ぐらいかな……。
(ちょっとおおげさ)

| | トラックバック (0)

ローリー、3Dプリンターを語る

P1500480

ローランド桐島氏に
ニューヨークについて
語ったもらった取材を
GQウェブのために。

80年代にニューヨークに
暮らしていた時の話なので
キラ星のごとく
当時の写真家の名前が出てきて
たいへんおもしろい取材でした。

写真は
ローリーの仕事中の風景。
80機近いデジタルカメラを
同期させて
3Dプリンター用のデータどりを
しているところです。

すぐれたデータがないと
すぐれた立体模型も作れないということで
たいへん興味ぶかい話を
いろいろ聴かせてくれました。
あいにくそのあたりは
取材と関係ないので
触れられませんでしたが。

| | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

そのうち子育て中でも

P1510504

PENで銀座「鮨竹」取材。
親方の竹内史恵さん
寡黙なひとかと思っていましたが
じつは明るくて
よく笑う。
業界で「フミエ、フミエ」と
呼ばれている理由がよく分かりました。
芝エビでおぼろをちゃんと作っていたり
”仕事”をきちんとやっています。

ほとんど初の女性の親方で
そういう人に
意気込みを聴くという
貴重な取材をしているんだなあと
感慨もありました。

いまは人材難ということもあり
かつてのように
業界が女性の希望者を拒絶するという
ムードはなくなったそうです。
修業中の女性も少なくないようです。

「以前はこの仕事するなら
女性としての人生は
あきらめなくてはいけないと
言われたものですが
そのうち子育てしながら寿司を握るというのも
現実的になるかもしれませんね」と
竹内親方は言います。
そういうのが
いいありかただと僕も思います。

| | トラックバック (0)

踊るアイラブユー

P1510773

「踊るアイラブユー」
(原題Walking on Sunshine)という
英伊合作映画のロードショーを。

邦題はアホらしいと思いきや
インド映画のパスティーシュのような
能天気なこの映画の内容を
端的に表しています。
この邦題で”退く”人は
みないほうがいいという言い方も出来ます。

この映画のポイントは
80年代の楽曲が多く
カバーされているということです。
ヒューマンリーグとか。

これを聴くと
バカ騒ぎをした時代でしたが
音楽は足腰がしっかりしていて
クラシック(定番)になる可能性十分と
思います。
懐かしさだけではない?


| | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

ビリヤニの深さ

P1510784

そんなわけで
気になりながら食べたのが
六本木の
南インド料理「スワガット」の
チキンビリヤニ(1000円)。

バスマティという
長粒米を使った
炊き込みご飯です。

色にムラがあるのは
調理をサボっているのではなく
あえてかきまぜず
それによって
食べ進む時の変化を
楽しんでもらうためと
以前聞いたことがあります。

本当だとしたら
インド料理深い。

| | トラックバック (0)

ローカーボでなくロカボの理由

P1510811

丸ビルでの「ロカボグルメフェスティバル」で
低糖質の食事という
新しい概念の説明を行っている
北里研究所病院糖尿病センター長の
山田悟氏の講演を聴きました。

糖尿病や肥満の対処法として
糖質制限食があるけれど
「糖質ゼロを目指すと
悪玉コレステロールが増加したり
血管内皮細胞が傷んだり
多くの悪い面が出てくることが
報告されています」のことです。

そこで今回
糖質ゼロが「ローカーボ」というなら
提唱する
緩やかな糖質制限を「ロカボ」と名づけ
違いを際立たせていきたいというのです。

糖質を制限するには
炭水化物の摂取量を減らすのが
一番の早道です。
そこでパンには
ふすま小麦(グルテンもごく少ない)を使い
米の摂取量は減らしていこうといいます。

ただ……
米は糖質は高めでも
いわゆる腹持ちがいいので
一日で見た場合
糖質全体の摂取量を抑えることに
つながるのではという声もあります。

低糖質について考えることは
かようにおもしろい。
少し研究してみたいと思います。


| | トラックバック (0)

ロカボが体験できる

Photo

牛肉100%のパテに
ベーコンにチーズ
このブラッカウズのバーガーを食べたあと
血糖値をはかったら……
95でした。

P1510836

昨日と今日
東京駅前の丸ビル1階で
行われているイベント
「低糖質ロカボグルメフェスティバル」に
出かけていっての体験です。

「素材選びに気を遣ったら
ガマンしないで
好きなものが食べられる」というのが
このロカボフェスティバルの主張。

ブラッカウズのバーガーを食べても
血糖値が上がらなかったのは
バンズに
メゾンカイザーのふすまパンを
使っているから、ということです。
実際に会場では
試食コーナーが設けられ
食べる前と後の血糖値をはかってくれます。

P1510797

おもしろいので
体験してみることを
お勧めします。
日頃の食生活の意外な事実もわかります。

| | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

電車チャーハンの由来

P1510781

近くにいたので
ふと思い立って
渋谷宇田川町の
タイ料理
パッポンキッチンへ。
これは名物?の
電車チャーハン。

電車ってなに?と
たいていのお客さんが
メニュー観ながら
ひそひそ話しているのが
聞こえてきます。

タイの駅弁スタイルの
チャーハンという意味と
以前聞きました。
電車に乗る人のために
駅でこういうチャーハンが売られているとか。

甘辛の味付けがおいしく
さっとレモンをしぼって
軽い酸味で食べます。
豚肉も大判ぶるまい。
野菜のシャキシャキ感もあり
変化が楽しめます。
ボリュウムもあって
愛される理由がわかる一品です。

| | トラックバック (0)

最高の鯛飯のためにすることは

P1510751

UOMOの取材で訪れた
六本木「与太呂」。
名物
鯛飯を取材です。
ご主人が
一所懸命に
鯛の骨を外してくれています。
大変ですねと声をかけると
「お金を儲けようと思ったら
楽なことなんかないですよ」と
にやり。
さすがの迫力でした。
鯛飯も最高でした。
ここはもうひとつ
最高のものがあるのですが
それは別の機会に。

| | トラックバック (0)

フォーが嫌いなひとは?

P1510617

アジアの麺は
たいていのひとが好きなはず。
こちらベトナムのフォー。
米粉の平たい麺が特徴です。
自由が丘駅前の
自由が丘デパート内
クアンアンタムで。

ここ店主が
レジ横に小型とはいえ犬を
置いているのが
よく問題にならないものだと
いつも妙に感心させられます。
フランスみたい。


| | トラックバック (0)

安全の民主化がある

P1510667

フォルクスワーゲングループジャパンから
新型パサートと
ステーションワゴン版のヴァリアントが
発売になりました。

写真は
問題の安藤さんが設計した
問題(この場合デザイン醜悪)のヒカリエ。
といっても
パサートはいいクルマです。
渋滞時に
クルマがストップ&ゴーばかりか
ハンドル操作まで自動でやってくれる
自動運転に近い機能まで
全モデル標準装備。

ぐっと高級感も増し
室内ははるかに広くなり
新型1.4リッターで走りもよく
それでいて価格は324万円から。

フォルクスワーゲンで感心するのは
「安全の民主化」という言葉を
よく使うこと。
安全技術はなるべく廉価に
出来るだけ広く
提供すべきというモットーを
別の言葉で表現したものだそうです。

知性もちゃんと感じさせる
新型パサートなのです。


| | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

住宅地の中のインド

P1510544

下取材で
西新宿の
インド料理店へ。
西新宿は意外に
住宅地が残っています。
その一角にある
いいかんじのお店です。

| | トラックバック (0)

昼間はいない人たち

P1510541

LEON編集部で
打ち合わせでした。
一昨日はUOMO
昨日はその前はGQ。
基本的に
どの編集部も
昼間は誰もいません。
暑い中みなさん働いています。


| | トラックバック (0)

東京タワーが眼の前に

P1510582

ワカヌイといえば
東麻布のうまいラム専門の
レストラン
というイメージがありますが
東京タワー前のビルの10階に移転です。

かなり広いフロアで
個室が3つあって
テラスもあり
こんなかんじで東京タワー
まわりこむと増上寺や
東京プリンスホテルを
見下ろします。

昨日はオープニング前の
レセプションでした。
ラムと牛肉をたっぷり堪能。
ごちそうさまでした!


| | トラックバック (0)

軽油へのギモンが生じる

P1510546

ディーゼル(軽油)とガソリン
大きな違いは
価格差だと思っていますが
じつはこの芝公園のSSのように
ほとんど価格差がなく
かなり軽油が高価なところも。

価格設定はSSの裁量に
まかされている部分も大きいはずなので
ふだん入れる人が少なくて
(高かったら
SSのイメージが悪くなりそうだし)
誰か入れにきてくれたら
めっけもん、とでも?
昨日街を歩いていて
こういうギモンにぶちあたりましたので
これから調べてみたいと思います。

今日のニュースでは
ガソリン代が
12週ぶりに下がっていると出ていました。
理由は
ギリシャ問題が世界的に
景気の重荷になるとの観測が出たからとか。
それで原油価格が下落。
来週は下落幅が
さらに拡大するということです。
石油は複雑です。


| | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

ジュースバーにびっくり

P1510540

銀座の伊東屋の
改装が終わっていました。
写真は本館。
1階にはジュースバーがあってびっくり。
別館は万年筆やレターヘッドの
専門館となり
僕は名刺を作りにいったので
そちらに行きました。
早くも中国からの
お客さんで混んでいました。
めざとい。

| | トラックバック (0)

憧れのオレンジ

M8f

グッドウッド話の続きです。
昔のクルマは
運転していなくても
(逆にそれゆえ憧れが募り)
観ていてジーンとくるものです。

とりわけ
車体色だけでジーンとこさせる力を持つ
数少ないクルマが
ニュージーランド出身の
ブルース・マクラーレンの
マクラーレンカーズ。

MacOrangeと呼ばれた
独特のオレンジに塗られた
M8F
60年代後半から74年にかけて
石油ショックで中断されるまで
開催されていた
カナディアン・アメリカン・チャレンジカップのために
開発された
プロトタイプレーサーです。

ポルシェが参戦するまで
圧倒的な速さを誇った
マクラーレン。
僕も小学校の頃
かっこいいなあ
カンナム(と呼ばれます)観たいなあと
思っていました。
ホンモノかっこよかった!


| | トラックバック (0)

冴えてるパビリオン

P1500150

ホンダUKは
エッジがきいている会社らしいです。
日本人ジャーナリストから
そう聞きました。
その証明がこれ。
グッドウッドでの
ホンダUKのパビリオン。
すべてモデルカー仕立てのディスプレイ。
F1も入っています。
効果があって
おおぜいが訪れています。
男と子どもはモデルカー好き。
そこに刺さる演出です。

| | トラックバック (0)

悩ましいTシャツ

P1500167

グッドウッドで
フェスティバル・オブ・スピードの
Tシャツの
イヤーモデル(っていうのかな)を購入。
男向けと女向け2種あり。
男はだぼだぼっとした着方をしているので
(英国のふつうの男性を想像してください)
あえて少しタイトだと
お店の女性がいう
女性向けを購入したら
今度は小さすぎ……涙
4000円が無駄になりました。

| | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

MBの4気筒dはいい

P1510497

週末は
メルセデスベンツE220ブルーテック(アバンギャルド)に
乗りました。
2.2リッター4気筒ディーゼルです。
いままでメルセデスベンツ日本は
3リッターV6のE350ブルーテックでしたが
それに加わったニューモデル(687万円)です。

1400rpmから400Nmを発生するので
発進加速もいいし
いちどスピードに乗れば
中間加速は気持ちいいと思えるほどです。

おもしろいことがありました。
ガソリンスタンドで
プレミアムガソリンのポンプに
誘導されてから
「あ、軽油ですか」と言われるのです。
なぜかというとフロントからは
ディーゼルであると判断できないからです。

この手間を省くには
フロントグリルにブルーのラインとか
dのエンブレムとか
ちょっと入っていても
いいかもしれません。


| | トラックバック (0)

千葉で鰻重

P1510502

撮影で出かけた
「千葉バーディクラブ」で。
ダイヤモンド社のサシダさん
ごちそうさまでした。
鰻重
ひさしぶりに食べました。
しっかりした身です。
タレは甘み抑えめ。
真夏日のせいか
コースに出た人は少ないようで
静かなランチでした。
それが印象的です。

| | トラックバック (0)

P1510470

TUMIのプレスルームで見つけて
なかなかよいなあと思っている
アクセサリー。
空港のカウラウセル
あるいはホテルで
自分のTUMIがすぐわかるという
メリットを感じます。

これだけのことですが
スペシャル感がでます。
それに着目したのは
ケースと中身は別物という
腕時計やカメラや携帯電話の
マーケティングが最初でしょう。

ブラックのイメージが定着している
TUMIだからこそ
ハンドルに色を加えるだけで
雰囲気がぐっとパーソナルになります。

| | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

レスポールが似合う

P1510466

仕事でお邪魔したDDBジャパン。
凝ってます。
ずーっと眺めてしまいました。
ヘッドのブランドロゴは
読めないようになっています。
こういうときは
レスポールのほうが
ストラトキャスターより
似合うような気がします。
今日はこれからロケに出発です。


| | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

こんなレゴ見つけました

P1500202

フェスティバルオブスピードで見つけた
レゴ。
マクラーレンP1です。
こういうマーケティング
レゴならではですねえ。
クリエイティブなかんじが
よく合っています。


| | トラックバック (0)

高さ40mの魂動です

P1500368

そういえば
書いていなかったなと思ったのが
6月に出かけた
英国の古いクルマのイベント
グッドウッド
フェスティバル・オブ・スピードです。

”本で見ていたあのクルマ”が
サーキットを走る
楽しいイベントなのですが
とりかえ会場で目を惹いたのは
マツダが用意した
高さ40mのセントラルフィーチャー。
「魂動」をテーマに
ジェリー・ジュダー
(この人が毎回担当)にデザインを依頼したそうです。

伝え聞くところによると
マツダの担当者との
コミュニケーションはとてもよく
ジュダーは「楽しかった」と
言っているとか。
実際に壮観でした。

| | トラックバック (0)

味のあるクルマってなに

P1500803

英国はミニのステーションワゴン
カントリーマンです。
1960年から10年間ほど生産されたモデルで
アメリカの”ウッディ”を思わせる
木枠が雰囲気で
僕も昔欲しかったクルマです。

このあいだ出かけた
湘南Tサイトに
展示されていました。
オリジナル・ミニは
いま中古市場で価格があがっている模様で
(たしかに
僕が街中用のクルマをと思ったら
まっさきに考えるのがミニです)
このクルマも高そうです。

味あります。
クルマに最も大事なもののひとつです。


| | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

おもしろいんですが使っていない

P1510025

ここが「黒森」の店内。
左のほうにある
いろりが
目を惹きますが
居酒屋に居抜きで
入ったそうです。
おもしろいんですが
実際には使っていないそうです。

| | トラックバック (0)

黒森さんのこだわりとは

P1510001

もと東京の福臨門などで
料理長を務めた黒森さんが
仙台で開いている
中国料理店「黒森」の名物
肉まん。

鶏肉、シイタケ、タケノコといった具材が
入っています。
なにより皮の酵母にこだわりがあり
蒸し上げたときに
山椒の実がはぜるように
上の部分が割れないといけないそうです。

完全予約制で
仙台に出張で行ったから
急に思い立って、では入れません。
こういう店があると
楽しくなります。


| | トラックバック (0)

シードリームとアマン東京

P1510031

舵社が出している
ヨットを中心とした
ライフスタイル誌
「シードリーム」は
僕の好きな雑誌です。

なかなか視点がおもしろいのと
海外で取材をしていると
ヨットの生活は
日常的で
リーズナブルに楽しめるけれど
基本は優雅
(生活を楽しむという姿勢そのものが)だからです。

いま出ている号では
どういうわけか
高級ホテル
アマン東京とアマンのことを
書きました。
アマンは海辺が多いのですが
アマン東京は東京駅の前。
さてどうしようかと
記事化にあたって頭をひねりました。


| | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

ミュゼ御殿場の盛り合わせ

P1510460

アウディの試乗会は
御殿場IC(インターチェンジ)そばの
「ミュゼ御殿場」。
ここのウリ?は
アンティパスト(モルタデッラふうソーセージとか
カプレーゼとか)
プリモ(ボッタールガ?がけスパゲッティーニ)
セコンド(ラムラック)が
一皿に盛られていることです。
おもしろいとは思いますが
どうなの?というところもあります。
デザートは別に出てきます。
ただ盛り方によっては
幕の内みたいで楽しめるかもしれません。
要はデザイン(問題解決の手段)ですね。

| | トラックバック (0)

最新のアウディはいい出来

P1510353

梅雨空の下
アウディの試乗会で
御殿場にいきました。
画像にあるQ3 1.4TFSIをはじめ
A1 1.0TFSIなど
いろいろ試乗できて
久しぶりにアウディを堪能できた気分です。
Q3もA1も
いい出来です。
クオリティのある小型車を欲しい人には
ぴったりなかんじです。

| | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

ラビコッカのピッツァの美味しさ

P1510257

駒沢大学駅前の
ピッツェリア
「ラビコッカ」で
マルゲリータ。
見た目はいまひとつ
美的でないのですが
味は好きです。

焼き上がったときの
生地の香りがよいうえに
チーズやトマトソースの
セレクションもなかなかです。

東京でもっともおいしいピッツァを焼く
神谷町
「ナポリスタッカ」のナポリ人オーナー
ペッペも
このお店の出身です。
彼がいたときはまたおいしかったなあ。
グルテンが多すぎると思いつつ
つい食べてしまいます。

| | トラックバック (0)

久しぶりに美味しんぼ

P1510028

取材した
弁天山美家古寿司が掲載されているので
久しぶりに
「美味しんぼ」を読みました。
じつは美家古寿司
いまは5代目の親方ですが
4代目も美味しんぼに出ています。
単行本にすると
7巻と106巻と
ずいぶん離れますが。

至高のメニューと
究極のメニューの対決
80年代前半は楽しみに読んだなあと
記憶が読みがえりました。

| | トラックバック (0)

露天メシのおいしさ

P1510038

BMWが選んだ
試乗会場は
キャンプ場なので
ランチもグリルです。
ただし雨の影響で
屋外に設置された
BBQ用コンロも出番なし。
大変です。
でも屋外の風にあたりながらの
食事はうまい。

これってまだ
僕たちのDNAに
昔は外で食事をしていた記憶が
刻み込まれているせいなのでしょうか。
酒もウィスキーなど
屋外で飲むように
香りづけなどされているし。


| | トラックバック (0)

グランドツアラーは雨にたたられる

P1510221

今年はよく降りますねえ。
そうなると
新車の試乗会も大変です。
昨日は裾野で
BMWの218dグランドツアラーの試乗会
最初はぱらぱらとでしたが
やがて本降りになりました。

クルマは好感がもてたのですが
駐車場ですらぬかるんで
スタックするクルマが出る始末。
主催者がわも
路面変化の予測はつかなったようで
雨の影響
大変です。

| | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

新幹線で原稿書き

P1510026

LEONのしめきりを
忘れていて
仙台からの帰りの新幹線では
必死に原稿書き。
停車駅が多い車両で
最初は失敗したなあと思ったのですが
結果オーライでした涙。


| | トラックバック (0)

仙台牛の鉄板焼き

P1500990

仙台のランチは
たん熊系出身のひとの
鉄板焼き割烹「酒菜割烹きくち」で
仙台牛の鉄板焼き。
欲を言えば
すこし繊維ぽいので
もうすこし
火を入れてもいいかもしれません。
熟成も試してみたいけれど
仙台では
そこまで評価してくれるひとは
多くないということでした。

| | トラックバック (0)

仙台は晴れていた

P1500969

取材で仙台へ。
仙台は晴れていました。
からっとして初夏の気候。
東京はじめっと
曇りときどき雨なのが
ウソのような好対照。
しばしなごみました。
でも仙台の景気は
いまいちぱっとしないと
タクシー運転手。
一時期騒がれた復興特需も
いまは落ち着いてしまっていて
そもそも
大手が受注して
五次ぐらいの下請けに発注していれば
お金なんか回るわけないとのこと。
それにクラブなどの風俗も
関西から女の子ともども
パッケージのかたちでやってきて
店を借り上げて
特需ブームが終わるや
さっと引き上げたということでした。
すごい話。
いやですねえ。

| | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

匠進吾を取材で訪問

P1500913

青山「匠進吾」に取材で。
多くの種に
熟成をかけています。
といっても
夏は小ぶりな魚が中心になるので
六割ていど。
大型魚が多い冬は
熟成のかけがいがあるそうです。
すし匠出身の
気持ちのいい親方です。

| | トラックバック (0)

うまい牛とのラッキーな出合い

P1500965

赤坂「キッチャーノ」で
牛肉を堪能しました。
ごぶさただったのですが
ステーキといえばキッチャーノになっていて
山縣シェフのこだわりは
みごとなことに。
僕が食べたのは短角牛。
「こんな出来のいい牛
もう二度とないかもしれません」と山縣シェフ。
おおーラッキーです。

| | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

エルトン・ジョンの思い出

P1500966

街中にある
エルトン・ジョン来日公演のポスター。
ふと思い出したのは
2回目の来日のときです。
1974年
「グッバイ・イエローブリックロード」の
発表後の
期待がもてるコンサートでした。

僕(たち)は中学生
こづかいをためて
日本武道館に行ったのですが
始まったと思ったら
いきなり舞台の袖にひっこんで
コンサートはそこで終了。
キツネにつままれた気持ちでした。

気分的には
3曲程度で終わったと思っていましたが
じつはどうも12曲はやっていたらしい。
でも早く終わったのは事実で
理由は
コンサートの時は「体調を悪くして」と
アナウンスが流れた記憶がありますが
後で
「衣装が合わずにかんしゃくを起こして」とも
報道されました。

お小遣いが限られていた
中学生にはショックです。
たっぷり生で聴けると
思っていましたから。
招聘元のウドー音楽事務所に
「他の日への振り替えはないのですか」と
電話しましたが
「ありません」とにべもない返事。

あとで聞くと
大人には払い戻しもしたとか。
そういうことは
40年たっても尾を引くものです。

エルトン・ジョンの
「グッバイ……」は
いまでも好きなアルバムだし
かんしゃく起こすのも人間的といえば
人間的で
ほほえましい面もありますが
中学生には払い戻ししないで
大人には、という
(噂が本当なら)
プロモーターの態度だけは
いまもムカつくなあと
雨の銀座でそう思い返しました。
執念ぶかい?


| | トラックバック (0)

F1をやっててよかった

P1490850

このあいだ
ドイツと
オーストリアで
メルセデスベンツの
GLEとGLEクーペという
新型SUVの取材をしたときのことです。

開発総責任者の
ドクター・トマス・ウェルナーが
おもしろいことを
言っていました。
いま世界的に
ユーザーのスポーティなクルマへの
志向が強まっているそうです。
メルセデスといえども例外でないので
スポーティイメージを強調するといいます。

「最も効果的なのが
F1です。
2週間にいっぺんずつ
いかにメルセデスが速いか
いい宣伝になっていますよ」

強くなくては
意味がないということでもありますが
ほんとにメルセデス強すぎです。
画像は
英国ブルックランズサーキットにある
メルセデスワールドという
複合型ショールーム
(サーキットもあるので体験施設)。
このロズベルグと
ハミルトンの
大きなパネルが誇らしげでした。

| | トラックバック (0)

一瞬おもしろかったF1

P1490848

昨日の
F1英国グランプリは
ひさびさのおもしろさでした。
マッサとボッタスの
ウィリアム・メルセデス勢が
スタートから
中盤まで1、2位。
ハミルトンと
ロズベルグを抑えていたのですから。
結局
マッサもボッタスも
少し後退して
いつもどおり
ハミルトンとロズベルグが
1位と2位を独占。
フェラーリのフェッテルが3位でチェッカー。
個人的には
フェッテルが表彰台に立てて
よかったです。


| | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

グエナエル・ニコラの仕事ぶり

P1480659

友人でもある
インダストリアルデザイナーの
グエナエル・ニコラさんが
作品集を出版しました。
見かけも立派ですが
中身もすごい。

P1480661

日本在住のグエナエル
最近は
銀座松坂屋跡地の商業ビルの
内装を担当することが決まったり
建築からプロダクトまで
八面六臂の活躍ぶりは
眺めていて
こちらも元気が出てきます。


| | トラックバック (0)

いい雰囲気でした

P1500899

青山の「匠(たくみ)進吾」です。
GQモリグチさん家の
下でした。
満席で
客同士が
「それおいしそう」と
言い合ったりして
いい雰囲気です。
こういう寿司屋はいいですねえ。


| | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

川香苑で四川ふう?土鍋ごはん

P1500897

四川料理
川香苑(せんこうえん)
横浜店でランチでした。
豚肉となすを辛く炒めて
土鍋で加熱したご飯に載せたもの。
WebCGのコンドウさんやセキさんとのランチです。
悪くないです。
素揚げしてある野菜と
にんにくや唐辛子が
マッチしていて
酸味と辛みが強く
ほのかに甘みも効いています。
雨のせいでしょう。
空いていました。

| | トラックバック (0)

マラサダが人気の理由

P1500894

これは
みなとみらいの
ワールドポーターズに入っている
ホノルルから来たというふれこみの
「レナーズ」の
マラサダなるドーナツ。
揚げてあります。
ちょっと立ち食いそばを思い出す
香りがします。
本体は軽いです。
人気の理由でしょう。

| | トラックバック (0)

横浜といえども大変です

P1500863

WebCGの取材で
横浜でした。
車軸を流すような雨で
千葉での取材は中止。
それでも
屋外の撮影
カメラマンのコオリさんは
かなり苦労していました。
この時期
クルマの取材は
たいへんなのです。

| | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

ゴロシタのエプロン

P1500831

昨晩は
恵比寿のイタリア料理「ゴロシタ」へ
お呼ばれで。
和のかんじも入った
いいお店です。
これはシェフが
パリの有名肉屋から貰ったという
エプロンコレクションを
披露してくれているところです笑


| | トラックバック (0)

ランチはミラノふうカツレツ

P1500705

CLAシューティングブレークの
試乗会は
湘南Tサイトで。
初めて行きました。
けっこう遠い!
ランチは
「Thanks on the Table」で
ミラノふうカツレツ。
からっと
衣薄く揚げてあり
バルサミコのソースが
マッチしていて
嫌いじゃない味です!


| | トラックバック (0)

CLAシューティングブレーク

P1500699

メルセデスベンツの新型車
CLAシューティングブレークの試乗会です。
曇りの予報だったのですが
試乗会場に到着する寸前から
大雨……(涙)
どうなっているんでしょうか。

| | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

ひき肉少年の味わい方

150701

「ひき肉少年」(白金高輪)は
ひとつだけのメニューで勝負している店
けっこう続いているので
ファンも多いのでしょう。
僕もそのひとりです。

端的にいうと
ミートソースを
ライスの上にかけた料理ですが
よくよく味わうと
西洋風な奥深い味わいです。
ソースだけもらって
ゆでたジャガイモと併せたら
ワインにもすごく合いそうと
いつも考えながら
食べています。


| | トラックバック (0)

アラミニュットのサービス

150702

僕が好きなのが
イタリアでよくある
テーブル脇で
料理を整えてくれるサービス。
前菜だったり
パスタだったり。
その場で出来る料理のことを
アラミニュットといったりしますが
まさにそれなのです。
とてもいい雰囲気です。

| | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

MIRAIがトップ

Mirai150701

ENGINE誌8月号の
HOT100という企画で
自分がこれだ!と思うクルマを
20台選びました。

僕の選考基準は
小さなエンジンはおもしろいというもの。
ベストとして選んだのは
トヨタMIRAIです。

でも今回は
スポーツカーを選んでいるひとが多くて
それも自動車ジャーナリスト的で
興味ぶかかったです。

僕だって
ロードスターや
ずっと好きな
メルセデスSLK200(MT)
欲しいですから。


| | トラックバック (0)

浅草は大人気

150630

寿司店の取材で
浅草へ。
混んでます。
びっくりするぐらい。
でも仲見世は混んでいても
浅草寺にいくと
なんだかほっとします。
いつもは
足を延ばす
おいしい飲食店が
いくつもある
観音裏には時間がなくて行けず
昨日は浅草を
ほんの少しかすったかんじで
帰ってきました。

| | トラックバック (0)

まるごとトリュフ

0701

広尾
マルゴット・エ・バッチョーネの
トリュフ入り
たまごかけご飯。
UOMO今月号で取り上げています。

フランス料理を主体としたお店で
トリュフは別注文(時価)で
丸ごとテーブルに置かれます。

0701_2

食事のしめは
こんなふうに
たまごかけご飯で。
そもそも
相性のいいトリュフとたまご。
ご飯に温められて
ふわーといい香りが
漂います。

このお店
サイバードホールディングスの
堀主知ロバート氏の経営で
氏の友人がトリュフの山を持っているため
このぐらいのトリュフが
8000円から1万円少々で
提供されるのだとか。

香りだけで
ここまで人気の食材
ほかには松茸とか
編み笠だけとかあります。
キノコはすごいなあと
このレストランでつくづく思います。

| | トラックバック (0)

奇跡のガトーバスク

150701

白金高輪駅から
そんなに遠くないところに
オープンした洋菓子店「メゾンダーニ」
これが噂のガトーバスクです。

アーモンドを練り込んだ
クッキー生地の中に
カスタードと
ブラックチェリーの
コンフィチュールを入れたもの。

150701_2

素朴だけれど
素材のおいしさを堪能できる
バスク地方のお菓子です。
僕が買ったら
「テレビで観たんですね」と
近所のお店で言われました。

聞けば週末のテレビで
取り上げられていたんだそうです。
なので
夕方いって
1つだけ残っていたのは
奇跡だったということです。


| | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »