« 好ましいブドウの樹 | トップページ | アールズコートまでダブルデッカー »

2014年9月 8日 (月)

思い出のバージンアトランティック

Img_2860

バージンアトランティック航空で
ロンドンに来ています。
就航した1984年当時は
大きな話題になった成田便が
来年早々廃止になるそうです。

そのニュースを聞いたときは
けっこうショックでした。
バージンといえば
A340-600に機体を変更した際
ユニークなシート配列と
いつでもオーダー可能な食事と
パジャマと
マッサージやネイリストの登場が
とても新鮮だった思い出があります。

久しぶりに乗ったら
シートとパジャマはそのままで
サービスはややフツウになっていました。

Img_2865

とくに現代的水準からすると
当時は快適に思えたシートが
横方向の窮屈さと
足下の狭さがキツい。

しかも通路が狭くて
ミールサービスのシャリオが通らない。
そのため客室乗務員は
何度も行ったり来たりと
大変そうです。

Img_2869

とりわけ
同情を禁じ得ないのが
ワイン係のひとです。
6本をつねにぶら提げて
客席を回らなくてはなりません。

よく組合から文句が出ないものだと
よけいな詮索をしたくなりました。

Img_2892

ところでロンドンにいる理由は
ジャガーのニューモデルのお披露目です。
本日は3000人のゲストが
招待されていて
そのためにジャガーランドローバーは
50台を超えるシャトルサービス用の
車両を用意しているそうです。

ロンドンの街中を大胆に使うとかで
昨日はティザー用のビルボードが
いたるところにありました。


|

« 好ましいブドウの樹 | トップページ | アールズコートまでダブルデッカー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/60280523

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のバージンアトランティック:

« 好ましいブドウの樹 | トップページ | アールズコートまでダブルデッカー »