« コバルトブルーのアストン | トップページ | ランチ1週間その259 »

2011年5月10日 (火)

メアリ・ブレアがうらやましい

ディズニー・スタジオ
多彩は才能を輩出しているが
そのなかでも
とくに有名なのがメアリ・ブレア
(1911~78年)だろう。
「3人の騎士」(1944)にはじまり
「シンデレラ」(1950)
「ふしぎの国のアリス」(1951)
「ピーターパン」(1953)などの
コンセプトアートを担当している。
とくに「アリス」で
アリスが芋虫に出合う
葉むらのシーンなどは
彼女の真骨頂が表れていると思うのだが
本当に彼女が担当したのか
知りません、すみません。
銀座三越で昨日まで
展覧会が開かれていたので
あわてて駆け込んだ。
有名だけど
まとめて見ることが出来なかった
商業美術の仕事が
いろいろ見られたのは収穫といえば収穫。
まあファンのための
すこしマニアックな展覧会である。
彼女の絵は
講談社から絵本になっている。
「シンデレラ」
「ふしぎの国のアリス」
「ピーターパン」
どれもおとなが眺めても
すてきな出来だ。
とくに展覧会場で
仕事場のメアリ・ブレアの写真が
大きく引き延ばされて飾られていたのが
印象的だった。
やる気に満ちた目つきだ。
いい時代のアメリカの目つきだ。
ああいうの
うらやましいので
こちらもがんばろう。

|

« コバルトブルーのアストン | トップページ | ランチ1週間その259 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/51632010

この記事へのトラックバック一覧です: メアリ・ブレアがうらやましい:

« コバルトブルーのアストン | トップページ | ランチ1週間その259 »