« クルマは思い出なのか | トップページ | ご報告 »

2011年5月14日 (土)

FAROにスロータイムがついた

資生堂のレセプションがあった。
内容は
SHISEIDO THE GINZA
お隣の東京銀座資生堂ビルの
FARO
1階のブティックがリニューアルしたので
そのお披露目
(オープンは今日から)

Dscf6056_2

FAROはFARO_slow time「」が
レストランとしての正式名称になった。
「お母さんの味のようにほっとする料理」
(宍倉シェフ)がコンセプトで
料理はストウブの小さなココットなどを使い
「みんなでわいわいと
とりわけながら食べていただきたい」とする。
若い層の取り込みをねらった
リニューアルのようでもある。

Dscf6043_2

ストウブの鍋が並べられている

ランチは1200円から
ディナーでは下記が目安
シンプルな野菜のパスタ900円
ワイルドサーモンのグリル900円
真帆とじゃがいものトマトパスタ1000円
国産牛トリッパのトマト煮込み1000円
国産銘柄豚ロース肉とソーセージのグリル2800円
ワインはボトル3000円~
1階は「CHEF DES CHEFS」(シェフ・デ・シェフ)と
銘打たれたデリが出来たのが新しい点。

Dscf6070_2

一番上の写真に小さなかたちで映っていた
キッシュ(ほんものはぶ厚い)をはじめ
コロッケやサラダなど
持ち帰れるようになっている。

Dscf6068_2

キッシュは1ピース750円

それと
ワインも販売していて
なかなかよいのは
自信を持って勧められるという
国産ワインを揃えていること。
fAROのソムリエ白根さんによると
岩手の紫波(シワ)が「かなりよい」そうだ。
昨日教えてもらったのはリースリングで
「香りが豊かで価格もお手頃です」という。

Dscf6076_2

紫波」のリースリングは2100円

ちゃんと食事していないので
これではよくわからないと思う。
行ったら報告します。
ちなみにTHE GINZAについては
項を改めて。
1階では
パパブブレに特注で作ってもらったキャディを販売中。

Dscf6080_2

よく見るとリップスティックの絵

|

« クルマは思い出なのか | トップページ | ご報告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/51665581

この記事へのトラックバック一覧です: FAROにスロータイムがついた:

« クルマは思い出なのか | トップページ | ご報告 »