« ランチ1週間その212 | トップページ | ジョン・レノンとDS3 »

2010年5月29日 (土)

シトロエンの悲願

さきごろシトロエンから
新型車が2台
日本発売された。
1台はC3

Dscf7536

4mを切るコンパクトな全長に
1.6リッターエンジンを搭載した
4ドアハッチバック(209万円~)。
もう1台はDS3(249万円~)。

Dscf7554

ルーフが浮いているように見えるデザイン

個性的な2ドアハッチバックで
エンジンは1.6リッターで
ノーマルアスピレーションと
ターボと2種類用意される。
詳細は後日
項をを改めて。
輸入元の
プジョー・シトロエン・ジャポン
ティエリー・ボワラ社長は
下記のように語っていた。
--いまの市場について
「ゴールデンウィーク後
あまり市場に活気がみられない。
その中で
プジョー・シトロエン・ジャポンは
新車2台を投入した。
すでに150台ずつ予約が入っていて
いいスタートだと思う」
--短期的目標について
「2010年には
2400台のシトロエンを販売する目標を
たてている。
2006年の2390台を超える数値で
これを達成したい。
そのなかで今回のC3とDS3
600台ずつ売りたい。
2011年には
過去最高だった1995年の3768台を
上回る数字を目標としている」
--DS3について
「画期的なデザインをもったモデルで
可能性を秘めている。
テストドライブをしてもらえれば
いかにいいクルマかわかってもらえる。
予注の段階では
熱狂的なファンがいたことが確認できた。
C3とともに
かなり手強いBセグメントに入るわけだが
独自の存在感を保てれば
販売を伸ばしていけると思う」

Dscf7679

DS3はルーフにステッカーも

ちなみにBセグメントで
最も健闘しているのはMINI(シェア39%)
次がポロ(26%)だそう。
ポロは来月から1.2リッターターボに
切り替わるので
買い控えていた顧客が
ショールームにくるだろうとVWの日本法人では
話していた。
そしてフィアット500(11%)
プジョー207(9%)
ルノー・カングー(4%)といったぐあい。
この数字は忘れてしまったけれど(汗)
本年3月か4月のものだったと思う。
国産だとプリウスとかもターゲットに入るそうだ。
そこでシトロエンは
「エクステリアデザインと
所有へのこだわりが
購買の動機になっているマーケットなので
C3とDS3を投入することにした」と話している。
追って試乗記も書きます。

|

« ランチ1週間その212 | トップページ | ジョン・レノンとDS3 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンの悲願:

« ランチ1週間その212 | トップページ | ジョン・レノンとDS3 »