« ずっと残るアルファ | トップページ | カネオクレタノム »

2010年3月31日 (水)

ランチ1週間その204

先週のランチ報告です。
日曜日は奥沢「入船」のバラちらし。

Dscf4615_2

世田谷区奥沢3-31-7/03-3720-1212

家人のおみやげ。
水曜日は人形町の洋食「来福亭」で
メンチエッグ(880円)。

Dscf4663_2

中央区日本橋人形町1-17-10/03-3666-3895

メンチエッグとはご覧のとおり
ハンバーグに目玉焼き載せ。
ソースはドミグラスというより
甘いあんかけ。
独特。
木曜日は青山「ブノワ」で。
シェフが銀座のベージュに移る前の
ぎりぎりのタイミングで
スペシャリテを食べることが出来た。
前菜はサラド・リヨネーズ。

Dscf4683_2

渋谷区神宮前5-51-8/03-6419-4181

ベーコンやニシンの燻製とともに
ポーチドエッグが入っている。
メインには
ホワイトアスパラのポシェ。
ソース・マルテーズで。

Dscf4686_2

このソースはふんわりと仕上げてあるのが特徴。
軽やかだが
やや果実風味が強くて飽きるのが難点だ。
デザートはミルフイユ。

Dscf4687_2

あまり感動はなかったな。
レストランなのだから
ブティック菓子でなく
レストランデセールを出してほしかった。
望みすぎか?
金曜日は東銀座「ダルマサーガラ」で
キーマカレーのランチ(1200円)。

Dscf4689_2

中央区銀座4-14-6ギンザエイト2F/03-3545-5588

小麦粉の製品はプーリーとパパド。
ラッサムという辛くてうまいスープと
ポリヤルという野菜のスパイス炒めと
アチャールというスパイスがついてくる。
手前の手ごねスペースでくちゅくちゅやり
手でこねて食べるとホントうまい。
ここのカレー大好きだな。
それとおもしろいことに
手で食べていると
フォークとかを使う時と違って
口のまわりが全然汚れない。
土曜日は桜新町の「弦巻茶屋」で
まず前菜にスペイン風オムレツのトルティーヤ。

Dscf4763_2

世田谷区弦巻2-18-2

いまマドリードの流行は
どちらかというとフワフワタイプのようだけれど
こちらはしっかりとジャガイモのスライスが
重ねてある。
これはこれでいいのだが。
メインのひとつは魚介類のタジン仕上げ。

Dscf4765_2

クスクスにかけて食べた。
ソースはスープ・ド・ポワソンのように濃厚で美味。
もうひとつのメインは肉。

Dscf4779_2

鶏も牛も羊も入っている。
こちらは入れすぎ。
弦巻茶屋はモロッコ料理と言われるけれど
コト・ジボワール出身のシェフが作るのは
スペインテイスト。
モロッコならタジンでしっかり作って
(タジン鍋のコレクションはきれいだが)
スパイスもしっかり効かせてもらえるとよかったナ。

Dscf4780_2

こちらクスクス。

|

« ずっと残るアルファ | トップページ | カネオクレタノム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/47955911

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ1週間その204:

« ずっと残るアルファ | トップページ | カネオクレタノム »