« 東銀座のkairadaで | トップページ | ランチ1週間その152 »

2009年3月17日 (火)

ル・シャモーの最高級長靴

長靴はたいていのひとは
1足は持っているのでは。
とくに男にとって
長靴は釣りに代表される
アウトドア活動の象徴だったりして
手に入れたくなる時がある。
まあ女性もカラフルな長靴を
雨の日に喜々として履いている姿を見るから
男女ともに長靴好きはいるのだ。
で、そのなかでも
最高級の部類に入るのが
フランスのルシャモーのもの。
フツーのゴム長も作っているが
究極ともいえるのが
天然ゴムを使用したうえ
内部に牛革を張ったものがある。

Img_3159_2_2



6万900円

メーカーに言わせると
蒸れ防止とのことだが
フィット感はけっこういい。
本来これは「シャスール」
ハンターという意味だ。
ライバルメーカーのひとつが
「ハンター」だから
ちょっと不思議なかんじがするが。
これを今週の週刊朝日の連載でとりあげた。
多くのメーカーが生産基地を中国に移すなか
シャスールは少なくてもフランスメイドにこだわる。

Img_3150_2_2



足のほうまで革張り

フランスではこの微妙な緑色をした
ゴム長を履いて
田舎道を歩いている男たちを見るような気がする。
なんだかそれがとてもカッコいい。
ゴム長に美があるとしたらまさにコレ。

Img_3149




A&Fから輸入代理権がFENに。シャスールは在庫のみで終わりかも……

|

« 東銀座のkairadaで | トップページ | ランチ1週間その152 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/44374601

この記事へのトラックバック一覧です: ル・シャモーの最高級長靴:

« 東銀座のkairadaで | トップページ | ランチ1週間その152 »