« ぼくは猟師……を読んだ | トップページ | ヒュルスタの枕で寝ている »

2008年11月17日 (月)

しんばし笹田で満腹

新橋の「笹田」で食事をした。
カウンター6席(詰めれば7席)のみの店だから
予約がうまく取れればラッキー、である。
今回はもちろんお店の開いている日に
入ることにした。
メニューは1万2600円のおまかせで
主人の笹田さんがその日市場で仕入れた
食材を調理してくれる。
基本的には魚介類と野菜。
この日はりっぱなサバを買ってしまいました、と
大きいが
ものすごく香りのいいサバ寿司や
明石のタイの刺身とはじまり
兵庫から届いた香箱ガニ

Img_8190_2



ピントが後ろです……

さわらの照り焼き
ミンク鯨のとろけるような刺身。
そしてベーコンする脂ののっている部位での
はりはり鍋

Img_8193_2



水菜の下は鯨です

最後はおこげをわざわざ作るテクニックを
披露してくれての白いご飯。
お客はみなリピーターの模様で
とにかく料理を楽しんでいる。
新橋の喧噪から少し離れたところに
店があるので
帰りも烏森口のほうに歩かず
虎ノ門のほうへ行くと
余韻に浸れるかも。
いいお店である。

|

« ぼくは猟師……を読んだ | トップページ | ヒュルスタの枕で寝ている »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しんばし笹田で満腹:

« ぼくは猟師……を読んだ | トップページ | ヒュルスタの枕で寝ている »