« シグネチャーの鮎 | トップページ | 4万4100回より282万2400回 »

2008年6月 2日 (月)

カスレの使命

データ量が増えるとそれを詰め込むために
どんどん圧縮する。
これはコンピュータにかぎらない。
人間の記憶でも同じようなことがおこるのかなあ。
歳を重ねてくると
大昔のことがまるで昨日のように思える。
先日、25年ぶりに高校、大学時代の友人たちと食事をした。
レストランはオガワが選べというので
銀座の「ル・ヌガ」にした。
彼らがあまり変わっていなくて
四半世紀の時間がほんとに圧縮されたように
感じられたものだ。
それと軽く驚いたのは
みなオジオバのくせによく食べること。
わいわいとした雰囲気がよく
ビストロのような感覚で食べられて
ワインも充実しているからと選んだ
ル・ヌガでは
いくつかの前菜からはじめて
メインはカスレにしたのだが
これがあっというまになくなった。

Img_1572_2





僕はこのお店ではカスレばっかり頼んでいるので
なにかもうすこし上品なものにしようかと思ったのだが
ボリュウムのあるこの一品が
みなさんのお気に入りだったようで
これとポムフリット(フレンチフライ)を
ローヌの赤とともにあっというまに平らげてしまった。
「あーおいしい、おなかいっぱいになった」と
評価されてカスレは使命をはたしたことになる。
長生きする人間は食欲もある、と聞くが
まあ、喜ばしいこと。
次回もボリュウムのある店を選ぶのが
僕の使命である。

|

« シグネチャーの鮎 | トップページ | 4万4100回より282万2400回 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/41400121

この記事へのトラックバック一覧です: カスレの使命:

« シグネチャーの鮎 | トップページ | 4万4100回より282万2400回 »