« ハマーよりH3 | トップページ | トリュフの釜飯(涙) »

2008年6月28日 (土)

桃のスープ

知ってますか?
レストランとは
語源的に
レスト(休息)と同じで
フランスで始まったときは
疲れたからだを休めるために
行く場所だったとか。
そこで飲むのは
液体の肉ともいうべきスープだった。
最近はレストランで
あまりスープを飲まないが
飲むとなるほど
からだにやさしいと強く感じる。
そんなスープを
今月のデパーチャーズ誌で取材した。
日本家庭料理の「に萬」からフレンチまで
いろいろバリエーションをと考えながら
4軒を訪ねた。
どこもスープで定評のある店。
たとえば六本木の「ラ・ファランドール」で
作ってもらったのは
冷たい桃のスープ。

Img_1265_2





桃をくりぬいて
そこにコンソメと果肉を合わせた
冷たいスープを戻し
最後は容器になっている
桃の果肉まで食べられるというもの。
桃の種類が変われば
味も変わるというのも楽しさのひとつだ。
軽井沢の人気店
「エルミタージュ・ド・タムラ」でも
ファンが多い一品なので
知っているひとも
多いかもしれない。
シェフの出身レストランが同じなのだ。
あと入れたかったのは
中国のスープ。
上湯、毛湯、頂湯、白湯と
出汁のとりかたもさまざまで
味もコクもさまざま。
ちょっと高級な中国料理店では
事前の予約で
こういうスープを作ってくれる。
ファンも少なくないようで
スープも意外に
ぜいたくな食の楽しみなのだ。

|

« ハマーよりH3 | トップページ | トリュフの釜飯(涙) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/41669470

この記事へのトラックバック一覧です: 桃のスープ:

« ハマーよりH3 | トップページ | トリュフの釜飯(涙) »