« キャラウェイもモンダビも | トップページ | クルマの見方を変えたい時は »

2008年6月11日 (水)

ランチ1週間その113

先週のランチの報告です。
日曜日は白金「カンテサンス」。
同じ客に同じものは出さないを
モットーにしている同店
楽しみに出掛けた今回もサプライズがあった。
まずはヒラメの薄造りとアオリイカに
火を通したものに
島らっきょうでとったスープをまわしかけた前菜。
それからシンプルだけれどおいしい
メインの酵素豚。

Img_1638_2





見かけはフツウかもしれないが
じつは丸ごと1頭をローストしてから切るという手のかけかた。
そのせいでジュースが逃げない。
脂は溶けてしまう。
そこがじつに美味。
月曜日は銀座のタイ料理「サイアム」で
タイラーメンを仕事仲間のMさんと。

Img_1649_2





問題はちょっとしょっぱいところ。
それから化学調味料も入れすぎ(だと思う)。
いきなりつーんときた。
僕が下取材のために誘ったんだけれど
別の意味でもしょっぱかった。
火曜日は新大久保「クンメー」で
クイティオガイトォウーン(735円)。

Img_1673_2





鶏が入った米粉の麺。
こちらはずっと自然なかんじ。
サービスもいいし
クンメーは好きな店だが
ランチもよいと知った。
客が多いのには理由があると納得。
自分で味をつけるので
スープを最後まで飲めるのもハナマル。
木曜日はクライスラーの試乗会で朝霧高原へ。
オフロードコースの一角に設けられた
特設テントで海外みたいなケータリング。
炭火焼きのステーキを。

Img_1723_2





自然の中でステーキ!
楽しみにしていたのだけれど
火力のコントロールが難しいのだろう
焼きすぎて肉汁がなくなっていた。
それとソースで甘すぎたのも残念。
霧の出ている初夏の高原で
気分は最高でしたけれどネ。
金曜日は取材で出掛けた横川で
横川といえばどうしても足が向いてしまう
「おぎのや」に寄って釜めし。

Img_1768_2





ド定番のうまさ。
味付けも絶妙でいつ食べても好きだなあ。
なによりすごいのは、と一緒にいった
カメラマンのSさんと話したのだけれど
これまでに
エビ釜とかシャケ釜とか
バリエーションを作らずに
ここまで来たこと。
なかなか出来ることではありません。
ところで中に入っているアンズ
食べるタイミングはいつがいんだろう。
土曜日はこの道の先輩、佐山一郎さんのお宅で。
奥さま手づくりのミネストローネをいただく。
それと大岡山の「イトキト」のサンドイッチ。
佐山さんのお宅も大岡山。
ここのパンはおいしいね、ということで意見が一致。

|

« キャラウェイもモンダビも | トップページ | クルマの見方を変えたい時は »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/41477184

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ1週間その113:

« キャラウェイもモンダビも | トップページ | クルマの見方を変えたい時は »