« スポーツジャケット着てほしい | トップページ | いまだにいつかはクラウン »

2008年3月 9日 (日)

一日まるごとグルメ

食にまつわるテーマはつきることがない。
最近では、ミシュランから
中国のブラックな話題まで。
朝刊に目を通すだけで食に関連するニュースの多いこと。
知人のわぐりさんという放送作家が
フードジャーナリスト会議という
食にまつわるシンポジウムを開催している。
それが今回、大阪で開かれたので参加した。
ゲストスピーカーは
関西のグルメ誌で僕も愛読している「あまから手帖」の
門上武司さんと、来栖けいさん。
ふたりがレストランとその料理をどう書くかについて
ジャーナリストの立場から語り合うというものだった。

Img_9124_2





この道を究めているひとには
いろいろ持論があって
それを聞けたのがとてもおもしろかった。
僕が昔やっていた雑誌についても
いまだに「読んでました!」と言ってきてくれるひとが
大阪にもいて
それもありがたかった。
この日の昼は司会を務めた
ジャーナリストの鈴木美和さんと
黒門市場をぶらぶら見学。

Img_9091_2





ランチは辻調理師学校の辻芳樹さんに
日本で一番、と太鼓判の「福喜鮨」で
ごちそうになる。

Img_9101_2





これは辻さんいわく
「ミシェル・ブラスに食べさせたら
こんな顔いままで見たことないほど
驚きと喜びがまざった表情をした」という
あなご。
でかい。ふたくちで食べる。
味わい深く、食感も、ごはんの握り方も
すばらしいもの。
夜はけいちゃんが「いま最も好き」という
フランス料理店「アキュイール」で
大阪で果物の卸をやっている知人のSさんに
ごちそうになった。

Img_9133_2





フォワグラにりんご(右)。
料理は素材の選びから火入れ、調理法まで繊細。
店の雰囲気も
おとなのデートにぴったりというかんじだった。
ごちそうさまでした。
久しぶりに昼から夜まで食づけの一日だった。
けいちゃんはそのあとホテルに返る途中
「ラーメン食べにいこうよ」と言うのだった。

|

« スポーツジャケット着てほしい | トップページ | いまだにいつかはクラウン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日まるごとグルメ:

« スポーツジャケット着てほしい | トップページ | いまだにいつかはクラウン »