« 原宿のアウディ | トップページ | 愛されるゴルファー »

2006年12月 9日 (土)

スカイラインとCDバー

新型スカイラインに乗った。
この夏、ボストンで乗って以来で
日本ではどうなのかな、と
興味しんしんで
試乗にのぞんだ。
乗った場所が山道だけなので
はっきりしたことは言えないけれど
少なくとも山道は走れる。
走れる、というのは
そつなくこなす、と
楽しい、の中間的な位置にある、ということだ。
積極的に山道にいきたくなるクルマではないが
腕におぼえがあるひとなら
山道でけっこういいペースで飛ばすことができる。
そんな、おとなっぽいクルマである。
その意味では渡辺謙のキャラは
かぶっているかもしれない。

Img_7924_2



同時にスカイラインの自慢はオーディオだ。
BOSEと共同開発したシステムがついているのだ。
今回は音楽をじっくり楽しむ時間がなかったが
いい音そうなので
次回ゆっくり乗るときを楽しみに。
おもしろかったのは
試乗会の会場にBOSEが設けた「CD BAR」。
クルマに乗るとき
好みのCDを持っていけるようになっていた。
洒落た演出だと僕は感心した。

Img_7927_2



こんな風景。

Img_7928_2

|

« 原宿のアウディ | トップページ | 愛されるゴルファー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/12984786

この記事へのトラックバック一覧です: スカイラインとCDバー:

« 原宿のアウディ | トップページ | 愛されるゴルファー »