« 驚きのお台場 | トップページ | 双眼鏡を発見 »

2006年12月21日 (木)

ランチ1週間その36

先週のランチのご報告。
日曜日は、ひきつづきソウルに滞在。
この日のランチは
キャベツ、白菜、えごま、たんぽぽ、といった
9種類ぐらいの葉でゴハンをくるんで食べる
サンパッ(6500ウォン)を。

Img_8224_2



一緒にキムチ数種、ミソ汁、にしんのような魚の煮付け
豚肉を甘辛く炒めたもの、などがどっと付いてくる。
ゴハンには味噌をつけたりする。
なるほどうまいのだが
時間もかかる。
隣の韓国人の見よう見まねで
くるくる巻いて食べようとしたが
平らげるまでに40分かかった。
テレビでは韓国のホームドラマをやっていた。
若い女の子が家族がたくさんいるうちに嫁にくるという
「気になる嫁さん」の韓国版のようなものだ。
そういえば
ソウルでは同行したS社の雑誌編集者Fさんに同行して
サムゲタンも食べた。
江南では有名な店ということで
たしかにメニューはごく限られている。
みんなサムゲタンを食べている。

Img_8127_2



量はけっこう多いのだが
カップルでひとりひとつずつ食べている。
すごい。
淡泊な味なので
いろいろ味付けをする楽しみもある。
いいね。
月曜日は打ち合わせがあって食いっぱぐれる(涙)。
ま、韓国でやや食べすぎたので
胃を休めるいい機会だった。
火曜日から京都。
この日は寺町通りにある洋食屋「はふう」で
ビフカツ(2800円)を。

Img_8231_2



うまいが、東京の人間にはとんかつのほうが
しっくりくる。
関西出身者で、おとなになるまで
とんかつを食べたことがなかったという知人が
何人もいる。
日本は広い。
とんかつは食べたほうがいいと思う。
水曜日も京都で。
この日は七条ちかくのフレンチ「コリス」で。
カレーライスから
凝ったフレンチまでなんでもありの名店で
予約しないと絶対に入れないという人気ぶりのようだ。
いろいろ食べましたが
メインはポークのリブ。

Img_8270_2



ちょっと中国風にハチミツで甘みがつけてある。
さらに最後にチーズのリゾット。
米が硬く、炊き方がていねいでうまい。
満腹になってひとり3000円ぐらい。

Img_8274_2



木曜日は京都から東京へ移動。
ランチの時間がちょうど列車のなかと
なってしまい
あたふたと電車に乗り込む前に
ホームであなご弁当(1050円)を。

Img_8281_2



まあ、エサである……。
心がこもっていない。
損した気分。
同じ値段だしたら市内でもっと
まともなあなご寿司が買えたのでは……と
思うとクヤシイ。
金曜日は箱根へ。
さきのブログにも書いた
ハイアット箱根のプレオープンに
よばれていった。
この日もランチと移動の時間が重なり
さあ食べようとしても
どこも軒並み営業時間外。
探しまわったあげく
ハイアットの向いにある
グリーンプラザなるホテルの
ティールームにたどりつき
カレーライス(1000円)を。

Img_8328_2



土曜日はハイアット箱根で。
フルコースのランチを
ごちそうになってしまった。
地元のトマトを使ったサラダにはじまり

Img_8380_2



ミネストローネ

Img_8388_2



牛のほほ肉のワイン煮込み

Img_8392



そしてミルフイユといちごのアイスクリーム。

Img_8401_2



満ち足りて
帰途についたのだった。
ずっと外出していた1週間だったなあ。

|

« 驚きのお台場 | トップページ | 双眼鏡を発見 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/13147814

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ1週間その36:

» エクシブは本人しか使えないかな(会員制) [エクシブデータバンク]
多分、そう思っている人もいると思います...私もそうでした(汗)専用のカードがあって… [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 11時36分

» 埼玉県熊谷にあるフランス料理でレストランウエディング−サンタムール [レストラン サンタムール]
埼玉県熊谷市にある一軒家のフレンチレストラン。フランス料理でウェディングパーティー、結婚式2次会、金婚式・銀婚式にもご利用いただけます。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 15時25分

« 驚きのお台場 | トップページ | 双眼鏡を発見 »