« 吉原からワインへ | トップページ | 水とワインとグラス »

2005年10月 3日 (月)

宮殿とロンドンと神保町

神保町はカレータウンと呼ばれている
らしい。
たしかにカレー専門店やカレーを出す店は多い。
そのなかでもけっこう気に入っている店が
駿河台下にある。
しかしこの店、ちょっと前に値上げをした。
それもどうも納得いかないやりかたでだ。
というのは
以前はルーがこぼれんばかりによそってあった
のに対して
最近は皿のヘリが1センチも見える。
カレーのかかっている面積が
正方形になおして10×10センチだとすると
100立方センチも同じ料金で損をしたことになる。
(今度もうすこしよく測ってみます)
むしろ値上げしてもらいたかったのに。
こういうのはイカンよ。
そんな神保町なのだが
おいしいインドカレーの店はない。
おいしいインドカレーは店はどこにもない、
あるとすれば
マハラジャの宮殿の中かロンドンだ
という意見もあるし
(腕のいい料理人にとってそのほうが稼ぎがいいから)
東京で出合うインド人たちも
悲しいかな同じことを言う。
では今のままで、神保町をうろうろしていたほうが
幸せなのかもしれない。
ehiopea

|

« 吉原からワインへ | トップページ | 水とワインとグラス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104355/6227434

この記事へのトラックバック一覧です: 宮殿とロンドンと神保町:

« 吉原からワインへ | トップページ | 水とワインとグラス »